新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利!
CT News Headline

アスタナ、ジロ出場メンバーを発表

アスタナは先日のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュで優勝したアレクサンドル・ヴィノクロフをエースとした出場メンバーを発表した。

アスタナ ジロ・デ・イタリア出場メンバー

アレクサンドル・ディアチェンコ(カザフスタン)
エンリコ・ガスパロット(イタリア)
アンドリー・グリフコ(ウクライナ)
バレンティン・イグリンスキー(カザフスタン)
ホセ・フフレ(スペイン)
ロマン・キエレフ(カザフスタン)
ゴラツド・スタンゲリ(スロベニア)
パオロ・ティラロンゴ(イタリア)
アレクサンドル・ヴィノクロフ(カザフスタン)
(2010/4/30 15:00)

サクソバンク、ジロ・デ・イタリア出場選手を発表

サクソバンクは来月8日から開催されるジロ・デ・イタリアの出場選手を発表した。意外なことにサクソバンクのスター選手であるファビアン・カンチェラーラ(スイス、サクソバンク)、シュレク兄弟は欠場となる。

サクソバンク ジロ・デ・イタリア出場メンバー

バーデン・クック(オーストラリア)
ローラン・ディディエ(ルクセンブルク)
セバスチャン・アエド(アルゼンチン)
グスタフ・ラーション(スウェーデン)
アナス・ルンド(デンマーク)
ミカエル・マルコフ(デンマーク)
リッチー・ポルテ(オーストラリア)
クリス・セレンセン(デンマーク)
ニキ・セレンセン(デンマーク)
(2010/4/28 18:17)

アースライドの公式twitterが開設

自転車を通して仲間や地元の人々との交流を深め、共に環境の大切さを考えながら美しい自然・音楽・文化を楽しむロングライドイベント「アースライド」がつぶやきサイトtwitterに公式アカウントを開設した。

http://twitter.com/earthrider2010

世界各地、全国各地にいるアースライドディレクターから、開催各地のリアルな情報が配信される。twitterを使っている方もこれから始める方も、アースライドをフォローして最新情報をいち早くチェックしたり、情報交換に活用しよう!
(2010/4/28 15:51)

明日、第21回ナイトペダルクルージングが開催!

第21回目ナイトペダルクルージングが4月29日に開催が決定。今回のゴールは最近新しく生まれ変わった代々木公園。

日時:4月29日(木・祝日)

20:30 集合/受付
21:00 スタート@表参道
23:00 ゴール@代々木公園

集合場所:表参道キャットストリート入口(ピザのシェーキーズとGYREビルの間)
参加方法:当日、集合場所にて受付
参加費:無料
持ってくるもの:自慢の愛車、カメラ、ドリンク、お持ちの方は自前の車載サウンドシステムも!

*Night Pedal Cruising 公式ツイッター(https://twitter.com/NPC_TDF)や新公式ブログ(http://pedalcruising.tumblr.com/)を通じて随時お知らせする。

詳細はこちらまで
http://www.tokyodesignflow.com/project/npc.html


同時開催:LAST THURSDAY “EDITOPIA”〜『TOKYO DESIGN FLOW』総集編発刊記念&感謝祭〜

日時:4月29日(木・祝日)19:00〜23:30(OPEN18:30)

TALK SESSION
#1 ルーカスB.B.(knee high media)
#2 akio0911(Hacker's Cafe)× 川田十夢(ALTERNATIVE DESIGN++、AR三兄弟)
#3 蜂賀亨(QUOTATION)

詳細はこちらまで
http://www.tokyodesignflow.com/event/lt.html
(2010/4/28 15:40)

レディオシャックのフユが一時出場停止に

レディオシャックは3月23日に開催されたドワーズ・ドア・フラーンデレンの際、採取されたリー・フユ(中国)の尿サンプルから禁止薬物のクレンブテロール(気管支拡張剤)が検出されたことを発表した。Bサンプルの結果が来るまで、フユは暫定的に出場停止に。もしBサンプルも陽性の場合、チームは彼を解雇する意向を示している。
(2010/4/23 17:58)

ガヴァッティ、コカインの陽性反応

マッティア・ガヴァッティ(イタリア、コルナゴCSFイノックス)が、3月末の薬物検査でコカインの陽性反応が検出されたことで、暫定的な出場停止となっていることが分かった。公式発表によると、26歳のガヴァッティは、セッティマーナ・チクリスタ・ロンバルディアの開催中、3月31日の検査で陽性反応が発覚。今、彼は規則に従い、Bサンプルの検査を求めている。ガヴァッティは、1980年ミラノ〜サンレモ覇者ピエリーノ・ガヴァッティの息子だ。
(2010/4/22 18:28)

Bbox、新城をジロ・デ・イタリア出場候補12名の1人に選出!

Bboxブイグテレコムチームが、新城幸也を5月8日~30日に開催されるジロ・デ・イタリアの出場候補選手12名(最終出場選手9名+リザーブ3名)の1人に選出した。

最終出場選手(9名)は近日発表予定だ。
(2010/4/21 15:16)

ミルラムのジロ・デ・イタリア出場メンバーが発表

ミルラムは5月8日から開幕するジロ・デ・イタリアの出場選手を発表した。エースはリーナス・ゲルデマン(ドイツ)が務める。

出場選手

マルクス・フォーテン(ドイツ)
ロベルト・フェルスター(ドイツ)
リーナス・ゲルデマン(ドイツ)
ドミニク・ロエルス(ドイツ)
ルーク・ロバーツ(オーストラリア)
トーマス・ローレッガー(オーストリア)
マティアス・ルス(ドイツ)
ポール・ヴォス(ドイツ)
ファビアン・ウェーグマン(ドイツ)

(2010/4/21 11:35)

ジルベールがUCIランキング3位にジャンプアップ

アムステルゴールドレースでの勝利により、フィリップ・ジルベール(ベルギー、 オメガファーマ・ロット)がUCIワールドランキングで3位に浮上した。これは、パリ〜ルーベとロンド・ファン・フラーンデレンで勝利したファビアン・カンチェラーラ(スイス、サクソバンク)よりも上位に位置する。

4月19日付けUCIランキング

選手
1位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン、ケスデパーニュ) 222ポイント
2位 トム・ボーネン(ベルギー、 クイックステップ) 216ポイント
3位  フィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)210ポイント
4位  ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ) 208ポイント
5位 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、ケスデパーニュ)201ポイント
6位  ファビアン・カンチェラーラ(スイス、サクソバンク)200ポイント
7位 トル・フースホフト(ノルウェー、サーヴェロ・テストチーム)120ポイント
8位 アンドレ・グライペル(ドイツ、 チームHTCコロンビア)119ポイント
9位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)116ポイント
10位 マキシム・イグリンスキー(カザフスタン、アスタナ)116ポイント


1位 スペイン        
2位 ベルギー        
3位 イタリア        

チーム
1位 ケースデパーニュ    
2位 カチューシャ   
3位 オメガファーマ・ロット  
(2010/4/20 14:15)

クラッドドック、パリ〜ルーべのジュニア部門3位に

アメリカ代表チームの一員であるローソン・クラッドドックは、パリ〜ルーべのジュニア部門3位と、彼の短い現役生活で最高の成績を残した。ジュニア部門を制したのは、ベルギー代表チームのジャスパー・ストゥーベンだった。

コースが短縮された今年のジュニア部門において、クラッドドラックは、上位4人による逃げ集団の一員として、7人の追走グループに33秒の差をつけてゴール。また、チームメイトのライアン・イーストマンは13位、ピーター・テイラーが17位だった。第3集団の彼らは、首位から1分5秒遅れだった。
(2010/4/14 10:09)

プロ選手アルバラド、走り屋による交通事故で死亡

バハティ・ファンデーション・プロサイクリングチームのホルヘ・アルバラド(メキシコ)が、アメリカ・カリフォルニア州オレンジカウンティで走り屋の暴走行為による交通事故に遭って死亡した。日産のハイランドに乗っていたアルバラドは、ホンダの2002アコードを運転した18歳の少年に追突され、この事故で命を落としてしまった。

警察は、アコードの少年が他のホンダ2台とストリートレースを行っていたと発表。レースを行っていた3人とも地元の高校4年生だった。事故を起こした少年は、前を走っている車を抜こうと対向車線に移動した際に車のコントロールを失いアルバラドの車に衝突する前、複数の車線をまたいでスピンしていた。

この事件に関しての捜査は数週間かかると予想されており、まだ処分は下されていない。
(2010/4/12 14:13)

ボアッソン、ロンドに続きアキレス腱炎のためパリ〜ルーベ欠場

チームスカイはエドヴァルド・ボアッソンがアキレス腱炎により今週日曜日に開催するパリ〜ルーベを欠場することになったと発表した。ツール・ド・フランスで好成績を残すため、今回は大事をとって治療に専念することに。ボアッソンの次戦は5月14日〜16日に行われるツール・ド・ピカルディーの予定だ。
(2010/4/8 13:47)

ボーネンがUCIランキングの2位に浮上

ロンド・ファン・フラーンデレンを2位で終えたトム・ボーネン(ベルギー、 クイックステップ)が昨日付けのUCIワールドランキングで2位にランクアップした。トップは已然ルイスレオン・サンチェス(スペイン、ケスデパーニュ)がキープしている。

前回のトップ10にはランクインしていなかったファビアン・カンチェラーラ(スイス、サクソバンク)はフラーンデレンでの勝利により急上昇し10位に。同大会3位のフィリップ・ジルベール(ベルギー、 オメガファーマ・ロット)も21位から4位へと大幅に上昇した。

4月5日付けUCIランキング

選手
1位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン、ケスデパーニュ)    222ポイント
2位 トム・ボーネン(ベルギー、 クイックステップ)        166ポイント
3位  ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)     142ポイント
4位 フィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット) 130ポイント
5位 アンドレ・グライペル(ドイツ、 チームHTCコロンビア)  119ポイント
6位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)   116ポイント
7位 マキシム・イグリンスキー(カザフスタン、アスタナ)    116ポイント
8位 ステファノ・ガルゼッリ(イタリア、アクアエサポーネ)   109ポイント
9位 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)      107ポイント
10位 ファビアン・カンチェラーラ(スイス、サクソバンク)     100ポイント


1位 スペイン        670ポイント
2位 ベルギー        460ポイント
3位 イタリア        393ポイント

チーム
1位 ケースデパーニュ    327ポイント
2位 チームHTCコロンビア  249ポイント
3位 カチューシャ      247ポイント
(2010/4/6 16:27)

フィニー、2011年からロード転向へ

今年の世界トラック選手権、個人追い抜きで優勝したタイラー・フィニー(アメリカ)が、2011年からプロ選手に転向することが発表された。フィニーはU23トレック・リブストロングチームを離れ、ランス・アームストロング(アメリカ)が率いるレディオシャックに加入する。フィニーは、他のチームからのオファーも魅力的だったが、現在の他チームと同額を提示する意思を見せたと発言し、残留を決めた。

今季、フィニーのトラックシーズンはすでに終わっており、これからはヨーロッパで開催される23歳以下のロードレースに目を向けている。昨年、彼はロンド・ファン・フラーンデレン、パリ〜ルーべU23に初めて出場。昨年はパリ〜ルーべU23で優勝しており、今年はより大きな自信を持って挑めるだろう。
(2010/4/4 14:13)