新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう
CT News Headline

デュクロラサル、クリテリウム・インターナショナルの思い出を語る

元フランスのプロ選手で、パリ〜ルーべを2度制したことでも知られるジルベルト・デュクロラサルが、コルシカ島で行われるクリテリウム・インターナショナルについての思い出を語っている。デュクロラサルは30年前、まだ「ツール・ド・コルシカ」と呼ばれていた頃にこのレースを制している。そしてこの大会は、彼にとってシーズン序盤の重要なウォーミングアップの場だったと振り返った。

「このレースに出た後、私たちはコートダジュールで開催されるダンティーブGP、地中海一周、ツール・ド・オート・ヴァールに参加していた。ツール・ド・コルシカは、パリ〜ニースに向けての調整だったんだ」

デュクロラサルは、ツール・ド・コルシカで1978年にステージ優勝を飾り、1980年には総合優勝を達成。調整がうまくいったことで、この年、彼はパリ〜ルーべで初めて表彰台に上がっている。

「1981年、私はステファン・ロシュのチームメイトで彼がレースを制した。そして82年、私たちはベルナール・イノーと対戦したが、レースをコントロールすることができなかった。最も強い選手が、展開をコントロールした大会だったね」

「それ以降、ツール・ド・コルシカには、大会名がクリテリウム・インターナショナルへと変更されるまで出場しなかった。Ospedale峠を走るステージは、とても見応えがあるだろう。ここ数年の大会とは、大きく戦略が違ってくるよ」
(2010/3/28 0:38)

UCI、ウルリッヒへの捜査継続を希望

元ツール・ド・フランス王者であるヤン・ウルリッヒ(ドイツ)は、自転車界から引退する原因となった2006年のドーピングスキャンダルによって未だ法的処分を科せられる可能性がある。UCIのスポークスマンは、ドイツのスポーツ専門メディアSIDに対し、スイス五輪委員会がウルリッヒの過去の行為についての調査を打ち切る決定をくだしたことについて、スポーツ仲裁裁判所に上告すると述べている。UCIは今回のスイス五輪委員会の決断に不満を露にし、捜査中止への反対を表明。ウルリッヒが無罪か有罪か、はっきりさせることを望んでいる。
(2010/3/28 0:32)

2days race in 木祖村 開催を断念

2010年5月22〜23日に開催を予定していた、ステージレースへの登竜門として知られる「2days race in 木祖村」だが、3月上旬にスタートゴール地点対岸の周回コース上で幅約10m高さ30mで路肩崩落が発生し、大会開催を断念せざるを得ない状況となった。しかし、ダム管理事務所長と木祖村は平成22年内の復旧を約束。来年はレースを再開することができるようだ。
(2010/3/22 19:52)

夜の自転車グループライド「Night Pedal Cruising」が今月25日に開催

夜の自転車グループライド「Night Pedal Cruising」が、この3月で第20回を迎える。約2年間分の感謝と、自転車乗り達の交流、自転車とそのライフスタイルの魅力を伝える場を作るべく、"PEDAL LIFE"をテーマにイベントを開催。

自転車大好きな人も、これからの人も、最終木曜日の夜は愛車とともに原宿に集結せよ!

■日時:2010年3月25日(木)19:00~23:30
■会場:表参道SMOKE 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 4F http://easyurl.jp/107v
■入場料:\1,500(w/ 1Drink+TOKYO DESIGN FLOW paper)

■TALK SESSION
各ジャンルの第一人者達が、それぞれの「PEDAL LIFE」を語る
GUEST:荒井正(自転車ビルダー、絹自転車製作所)、 上原ヒロシ(BMXライダー、430)、平野勝之(サイクリスト、映画監督)ほか

■Bicycle exhibition
歴史に残るビンテージ自転車とレアな自転車の展示
SUPPORT:R自転車集団/シルクサイクルズ/サンリン自転車生活社ほか

■Pedaling simulation
自転車をローラー台に載せ、大画面ディスプレイで走行シミュレーション
SUPPORT:GranDiver(グランディヴィル)

■Night Pedal Cruising
表参道を通って代々木公園までグループライド

■LIVE PAINTING 
恒例のライブペイント。今回はkaz氏が手がけます!
GUEST ARTIST:kaz

■DJ
自転車を愛するDJ達によるパフォーマンス
GUEST DJs: Shingo420(SEXON SUPER PEACE)、Alexander Lee Chang(Alexander Lee Chang)、DOKO(430)

■FOOD
ファーマーズマーケットの新鮮野菜と自転車乗りのためのパワーフード
COOK:eetee食堂 / Farmer's Market

■主催:TOKYO DESIGN FLOW
■共催;senseseeds

詳細はコチラまで
http://www.tokyodesignflow.com/event/lt.html
(2010/3/18 13:44)

LLサンチェスがUCIランキングの首位に

ルイスレオン・サンチェス(スペイン、ケスデパーニュ)がアンドレ・グライペル(ドイツ、 チームHTCコロンビア)を抜いてUCIランキングのトップに躍り出た。また、前回の発表と比べアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、ケスデパーニュ)が11位から4位に浮上し大幅にランクアップしている。

3月15日付けUCIランキング

選手
1位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン、ケスデパーニュ)158ポイント
2位 アンドレ・グライペル(ドイツ、 チームHTCコロンビア)119ポイント
3位 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)107ポイント
4位 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、ケスデパーニュ)99ポイント
5位 グレゴリー・ヘンダーソン(ニュージーランド、チームスカイ)85ポイント
6位 ロビー・マキュアン(オーストラリア、カチューシャ)67ポイント
7位 ロマン・クルージガー(チェコ、リクイガス)60ポイント
8位 ルーク・ロバーツ(オーストラリア、ミルラム)54ポイント
9位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン、ケスデパーニュ)53ポイント
10位 イェンス・フォイクト(ドイツ、サクソバンク)46ポイント

チーム
1位 ケースデパーニュ 257ポイント
2位 カチューシャ 134ポイント
3位 チームHTCコロンビア 120ポイント
4位 アスタナ 107ポイント
5位 チームスカイ 91ポイント
(2010/3/17 14:35)

ツール・ド・台湾第2ステージで清水都貴が優勝!

3月15日に行われたツール・ド・台湾第2ステージで清水都貴がラスト100mからワン・カンポと一騎打ちとなり、清水がゴールライン手前でハンドルを前方に投げ出し、わずか数センチの差で今季初優勝を飾った。

1位  清水都貴(ブリヂストンアンカー)   3h22'00"
2位  ワン・カンポ (香港チーム)   
3位  Tomasz Smolen(CCC Polsat)
(2010/3/16 14:20)

落車で負傷したペタッキ、ティレーノに無事出場

トレーニング中に道路脇の植木鉢に突っ込み、顎を切って5針を縫う切り傷を負うと、さらに右脚のスネと足首も痛めたアレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレ)だったが、昨日開幕したティレーノ〜アドリアティコのスタートラインに無事立つことができ、トップと同タイムの105位でゴールした。
(2010/3/11 12:14)

1936年ベルリン五輪の2冠王者が死亡

1936年ベルリン五輪で2冠に輝いたフランス人ガイ・ラペビーが、月曜日に93歳で死去した。ラペビーは昨年11月から入院生活を送っており、フランス南部サン・ゴドンの病院で息を引き取った。

ラペビーはベルリン五輪のチーム追い抜き、チームロードレースでともに金メダルを獲得。しかし、個人ロードレースではいつもは勝利していたチームメイトのロベール・シャルパンティエに敗れ銀メダルとほろ苦い思いも味わっている。

2006年ラべピーは、AFPの取材に「あれはドラマであり、慰めようのないレースだった。私は常に失望感を抱えていたよ」と、銀メダルについて振り返っている。その後、彼は1948年のツール・ド・フランスで総合3位に入った。なお、彼の兄であるロベルトは1937年ツールを制している。
(2010/3/9 16:57)

アームストロング、ツールでの勝利を諦めた?

ツール・ド・フランス7連覇の記録を持つランス・アームストロング(アメリカ、レディオシャック)は今年のツールでアルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)を破り8度目の総合優勝を獲得することは困難であると考えているようだ。

アームストロングはスペインのEL PAIS紙の取材に対し「とても難しいと思うよ。私は38歳、アルベルトは27歳で年々成長している。それは私も、皆も、アルベルト自身も分かっていることさ。」と答えている。だが、「4年間のブランク直後の昨年よりも今年のほうが調子が良い。今年の最大の目標はツールだよ。」とあくまでツールに焦点を合わせることを改めて明らかにした。
(2010/3/9 14:48)

パリ〜ニースでUCIとAFLDの対立が再燃

UCI(国際自転車競技連合)のパット・マッケイド会長は、6日、フランス・アンチドーピング機関(AFLD)が今週のパリ〜ニースでUCIと協力しないことを発表したことについて、驚きではないと語っていた。

マッケイド会長は「UCIにとって、AFLDが我々と協力しないのは受け入れられる事実だ。AFLDにとってより重要なのは、最終的な結果を心配するよりもメディアへの影響に対して態勢を整えることだ」と語っている。

5日、AFLDはパリ〜ニースでUCIと協力しないこと、そして自分たちが手に入れたあらゆるドーピング関連の情報を、UCIの代わりに現地の裁判機関に引き渡すことを明らかにしていた。問題は誰がアンチドーピング・コントロールに責任があるかということだが、UCIはパリ〜ニースは国際レースなので自分たちにドーピング・コントロールの責任があると表明している。

AFLDの声明には「フランスの中心で開催され、多くの公的資金を動かすパリ〜ニースをUCIが管理するモチベーションがあるのか、AFLDは疑問に思っている」と書かれている。マッケイド会長はこのAFLDの声明について「フランス最初のビッグレースの開幕直前に、誰も必要としない論争を再開させるものだ」と遺憾を唱えていた。
(2010/3/8 14:15)

ツール・ド・ランカウイ第4ステージで西谷泰治が優勝!盛は4位入賞!

ツール・ド・ランカウイ第4ステージが先程終了し、愛三工業レーシングチームの西谷泰治がスプリントで勝利し、ステージ優勝を果たした。

詳しいレポートは後程レースレポートでお伝えいたします。

1位 西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)                3h50'11"
2位 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チームジェイコ・スキンズ)
3位 ビダル・セリス(スペイン、フットオン・セルヴェット)
4位 盛一大(愛三工業レーシングチーム)
5位 レネ・ハーゼルバッハー(オーストリア、フォアアールベルグ・コラテック)
(2010/3/4 16:12)

故ヴァンデンブルックに対する窃盗容疑のセネガル人が無罪に

昨年10月に旅行先のセネガルのホテルの部屋で死体で発見されたフランク・ヴァンデンブルック(ベルギー)に対し、窃盗を働いた容疑をかけられていた3人のセネガル人が、2日、セネガル西部の裁判所で無罪を言い渡された。3人は昨年10月から拘置されていたが、ダカールの東、約70kmのティエスの地方裁判所のメリク・ラモテ裁判所長は「セイナボウ・ディオプ、アラサン・ガイエ、ムバイエ・セクの窃盗及び窃盗の共犯について証拠不十分で無罪を宣告する」と告げた。

女性1人を含む3人は、当時34歳だったヴァンデンブルックの死後に逮捕。ヴァンデンブルックは休暇を過ごす予定でセネガル南部に滞在していたが、ホテルの部屋で死亡した夜、3人は彼と一緒にいた。3人はヴァンデンブルックの死亡には関与していないが、携帯電話2つと所持金を盗んだ疑いをかけられていた。検死を行なったセネガルの法医学者によると、ヴァンデンブロックの死因は肺塞栓(そくせん)症だった。
(2010/3/4 15:01)

トレック・ジャパンが公式Twitterをスタート

トレック・ジャパン株式会社は、公式ツイッターアカウントを取得し、これまで以上にスピードを速めた情報公開を開始する。バイクやアクセサリー、イベント情報はもちろん、チームレディオシャック、別府史之、MTB契約プロ選手など幅広い情報提供の場として活用していく予定だ。

トレック・ジャパン ツイッター:http://twitter.com/TREKJapan
(2010/3/2 18:42)

故ヴァンデンブルックの母、フレチャの勝利に感激

昨年急死したフランク・ヴァンデンブルックの母が、オンループ・ヘット・ニュースブラッドのスポンサーであるSportwereld紙の取材に応じ、ヴァンデンブルックの親友フアンアントニオ・フレチャ(スペイン、チームスカイ)が今年の同レースを制して幸せだと語っている。

ヴァンデンブルックの母は「フレチャが勝ってくれて嬉しかったわ。レースはクロチルド(ヴァンデンブロックの最初の恋人で、彼の息子キャメロン、エドの母親)と一緒にTVで見ていたの。ファンアントニオがアタックを仕掛けた時は緊張したわ。彼が前に行くように応援し、フランクがフレチャを助けてくれるように祈っていた。最後フレチャが空を見上げ弓を引くポーズでゴールし、この勝利をフランクに捧げるといった時は感動して泣いてしまったの。息子が友人たちから忘れられていないことが分かったのは、とても困難な時を過ごしている母親にとって大きな出来事だったわ」と振り返った。

また、2人がファッサボルトロでチームメイトだった時、フレチャは度々フランクの自宅を訪れ一緒にトレーニングを行い、フランクの家にはバスルームも完備したゲストルームがあったが、それを彼が「フレチャの部屋」と呼んでいたことを明かした。
(2010/3/2 18:25)

アームストロング、ムルシア一周に出場予定

ランス・アームストロング(アメリカ、レディオシャック)が明日からスペインで開幕するステージレース、ムルシア一周に出場することが明らかになった。アームストロングにとっては今季ツアー・ダウンアンダー以来のレースとなる。

アームストロングはダウンアンダー終了後、フランスやアメリカ、ハワイなどでトレーニングを行っていた。前回同大会に出場したのは6年前の2004年で、総合24位で大会を終えている。

同大会に出場が発表されているレディオシャック選手はダリル・インピー、アンドレアス・クレーデン、ジェイソン・マッカート二ー、グレゴリー・ラスト、ホセルイス・ルビエラ、アイマル・スベルディアだ。
(2010/3/2 11:54)

アンチドーピング部門のグリッパー代表、UCIを離脱

UCIのアンチドーピング部門の代表を務め、バイオロジカルパスポートの監視を行っていたアン・グリッパーがUCIから去ることが分かった。彼女の後任には、国際陸上連盟のアンチドーピング部門にいたフランセコ・ロッシが就任する予定だ。

辞任し、地元オーストラリアに帰国するのは個人的な理由としているが、2009年、彼女は悲運の事故でパートナーを失っており、より家族と一緒に過ごすことを望んでいた。また、今後はパートナーの意思をついで、アフリカでのスポーツ、教育、医療をサポートする財団を設立する。

彼女からロッシへと、正式に職務が受け継がれるのは3月5日の予定だ。
(2010/3/1 14:16)