新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利!
CT News Headline

2010年Jサイクルツアー登録チームが追加

1月15日(土)、全日本実業団自転車競技連盟は2010年度のJサイクルツアーの登録資格のある追加7チームを発表した。今回は全13チームの登録希望があり、その中から6チームに登録権を付与する事となりました。また、韓国籍UCIコンチネンタルチーム「クムサン ジンセン アジア」は別枠の認定となった。

追加登録チーム
法政大学レーシングチーム(代表:後藤太志)
鹿屋体大 BLUE SKY(代表:黒川 剛)
イナーメ・アイランド信濃山形(代表:中畑 清)
FUJI-CYCLINGTIME.COM TR(代表:フォレスト ステファン)
Team Jamis(代表:善波 昭)
Team Eurasia - Museeuw Bikes(代表:橋川 健)
コンチネンタルチーム登録
クムサン ジンセン アジア(代表:choi hee dong)
(2010/1/29 10:56)

レディオシャックチームカラーがプロジェクトワンで新登場

ランス・アームストロング率いる「レディオシャック」チームのカラーがいよいよプロジェクトワンに登場。カラーのアップチャージ価格は、「ベース価格+180,000円」となり、その内200ドルがガン撲滅のため、ランスアームストロング基金へ寄付される。メインスポンサーであるレディオシャックのロゴを散りばめた、レッド、グレー、ブラックを基調としたチームカラーに、"LIVE STRONG"賛同の証として、黄色のシートステーに"LIVE STRONG"のロゴが施されている。今シーズン最も注目される最強チームモデルであり、ランス・アームストロングファン必見のカラーだ。プロジェクトワンサイトへの掲載および受注開始は2月上旬を予定。

プロジェクトワンサイト
レディオシャックバイク製作動画
(2010/1/29 8:13)

ウィギンス、2010年開幕戦はカタール

ブラッドリー・ウィギンス(イギリス)は、ツアー・オブ・カタールでチームスカイでのレースデビューを飾る。当初はフランスのエトワール・ド・ベセージュで開幕を迎える予定だったウィギンスだが、2009年ツール・ド・フランスの総合4位を上回るという最大の目標に向けて調整を進める中、脚ならしを始めるためにカタールに向かうことを選択した。
(2010/1/27 15:20)

速報!ツアー・ダウンアンダー2010 第6ステージはサットンが優勝!総合はグライペル

1月24日に行われたツアー・ダウンアンダー最終ステージは、1周4.5kmのコースを20周するクリテリウムで行われ、クリストファー・サットン(オーストラリア、 チームスカイ)がゴール前のスプリントを制して優勝した。そして、ステージ3勝をあげたアンドレ・グライペル(ドイツ、チームHTCコロンビア)がリーダージャージを守りきり、総合優勝を果たした。

詳しくは後ほどCTニュースでお伝えします。
(2010/1/24 14:15)

速報!ツアー・ダウンアンダー2010 第5ステージはサンチェスが逃げ切り優勝!

1月23日に行われたツアー・ダウンアンダー第5ステージは、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、ケスデパーニュ)やカデル・エヴァンス(オーストラリア、オメガファーマ・ロット)らとともに逃げに乗ったルイスレオン・サンチェス(スペイン、ケスデパーニュ)が最後まで逃げ切り、ゴール前のスプリントを制してステージ優勝を飾った。

詳しくは後ほどCTニュースでお伝えします。
(2010/1/23 13:20)

エキップアサダ浅田顕監督がサイン会を開催

ツール・ド・フランスを目指すエキップアサダの浅田顕監督が、東京・高井戸にてサイン会を行うことが決定した。当日は浅田監督自叙伝「人生の目標を決めたら諦めない」の販売も行なわれる。

開催日時:1月30日 15〜17時
会場:シクロ・ネロ
   東京都杉並区高井戸西1-1-18
   TEL:03-5344-9910、03-5344-9910
アクセス:京王井の頭線 高井戸駅から環八通り沿いに徒歩3分
(2010/1/22 16:24)

速報!ツアー・ダウンアンダー2010 第4ステージはグライペルが3勝目を記録!

1月22日に行われたツアー・ダウンアンダー第4ステージは、またしてもアンドレ・グライペル(ドイツ、 チームHTCコロンビア)がスプリントを制して今大会3度目の勝利を手にした。グライペルに続いて、2位がロビー・マキュアン(オーストラリア、カチューシャ)、3位はグレーム・ブラウン(オーストラリア、 ラボバンク)がゴールした。

詳しくは後ほどCTニュースでお伝えします。
(2010/1/22 13:48)

速報!ツアー・ダウンアンダー2010 第3ステージはマヌエル・カルドソが優勝!

1月21日に行われたツアー・ダウンアンダー第3ステージは、ポルトガルのナショナルチャンピオンであるマヌエル・カルドソ(ポルトガル、フットオン・セルヴェット)がブエルタ王者のアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、ケスデパーニュ)と世界王者のカデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)の両王者を抑え優勝した。リーダージャージは前日同様アンドレ・グライペル(ドイツ、 チームHTCコロンビア)が堅守している。

詳しくは後ほどCTニュースでお伝えします。
(2010/1/21 14:54)

速報!ツアー・ダウンアンダー2010 第2ステージはグライペルが連覇

1月20日に行われたツアー・ダウンアンダー第2ステージは、グレゴリー・ヘンダーソン(ニュージーランド、チームスカイ)とロビー・マキュアン(オーストラリア、カチューシャ)を抑え、アンドレ・グライペル(ドイツ、チームHTCコロンビア)昨日の第1ステージに引き続き2連覇を果たした。グライペルはヘンダーソンに14秒差をつけてリーダージャージをキープしている。

詳しくは後ほどCTニュースでお伝えします。

第2ステージ 結果
1位 アンドレ・グライペル(ドイツ、チームHTCコロンビア)   3h23'49"
2位 グレゴリー・ヘンダーソン(ニュージーランド、チームスカイ)
3位 ロビー・マキュアン(オーストラリア、カチューシャ)
4位 ロバート・ハンター(ロシア、ガーミン・トランジションズ)
5位 グレーム・ブラウン(オーストラリア、ラボバンク)
→一覧

第2ステージ終了後総合成績
1位 アンドレ・グライペル(ドイツ、チームHTCコロンビア)   6h38'59"
2位 グレゴリー・ヘンダーソン(ニュージーランド、チームスカイ)  +14"
3位 ヘルト・ステーグマン(ベルギー、レディオシャック)
→一覧
(2010/1/20 17:13)

チーム ブリヂストン・アンカーの選手が教えるアンカーセミナー開催

1月30日、アンカーチームによるロードバイク初心者を対象としたアンカーセミナーが開催される。定員10名に対してアンカー選手5名(予定)が講師として参加する贅沢なスクールだ。

第1回はロードレーサーを買ってみたものの、どうもうまく走れない、お尻が痛くなる、肩が痛くなるといった悩みを持っている人、もっと長い距離を快適に走りたいと思っている人たちに向けてのポジショニングセミナーとなる。ロードレースのトッププロが直々にあなたのポジションをフィッティング!実際のロード走行から、ローラー台での具体的なチェック、質疑応答コーナーなどを開催予定だ。

開催日: 2010年1月30日(土)
時間:  午前11時〜午後2時
講師予定:飯島 誠選手、山本雅道選手ほかチーム ブリヂストン・アンカー選手
    (※当日の講師は予告なしに変更する場合があります)
参加対象:ロードレーサー購入2年以内、初心者
参加料: 1,500円(参加記念品付き)
募集定員:先着10名
お問合せ:バイクフォーラム青山イベント事務局
     TEL.03-3466-7369(午前11時〜午後5時・土日祝日除く)
(2010/1/20 10:18)

アームストロング、新たなリブストロング研究施設を発表

ツアー・ダウンアンダーの開幕前日、ランス・アームストロング(アメリカ、レディオシャック)は南オーストラリア州のフリンダーズ・センター・フォー・イノベーション・イン・キャンサーを訪れ、アームストロングのリブストロング基金に敬意を表して名付けられた新施設を発表した。

アームストロングは「当施設内の新しい研究所が『リブストロング・キャンサー・リサーチセンター』と名付けられ、オーストラリアの100人以上の一流のガン研究者に世界レベルの拠点を提供できるのは光栄である」と語った。

この研究施設は2,700万豪ドル(約23億円)の費用がかかると報道されている。南オーストラリア州政府は、施設の建設に750万豪(約6億円)ドルを提供し、さらに年間の運営予算のため520万ドル(約4億円)を支出することを約束している。

施設の設計はまだ終了していないが、今年7月に着工し、2011年8月に竣工予定である。
(2010/1/19 19:17)

イゴール・アスタロサが引退

今週末イゴール・アスタロサが地元アームアで現役最後のレースに参加し、引退することが分かった。2003年の世界選手権ではアルカンシェルを手にしたアスタロサだったが、浮き沈みの激しい現役生活を送ってきた。

異常な血糖値を理由に2008年5月、ミルラムから放出されたアスタロサのキャリアは、今回ようやく終焉を迎えた。ミルラムを出たあとは、アミカ・チップと契約したが、同チームは財政問題から1年後に解散。チームが崩壊してから1ヶ月後、アスタロサはUCIのバイオロジカルパスポートによる検査で、血糖値が異常な数値を示した5人の1人と発表されていた。
(2010/1/19 18:40)

速報!ツアー・ダウンアンダー2010 第1ステージはグライペルが優勝

1月19日に行われたツアー・ダウンアンダー第1ステージは、2008年大会覇者のアンドレ・グライペル(ドイツ、チームHTCコロンビア)が、ヘルト・ステーグマン(ベルギー、レディオシャック)やユルゲン・ルーランズ(ベルギー、 オメガファーマ・ロット)ら強豪スプリンターを抑え、大集団のスプリントを制し優勝した。
詳しくは後ほどCTニュースでお伝えします。

第1ステージ 結果
1位 アンドレ・グライペル(ドイツ、チームHTCコロンビア)   3h15'30"
2位 ヘルト・ステーグマン(ベルギー、レディオシャック)
3位 ユルゲン・ルーランズ(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
4位 ダニーロ・ウィース(スイス、BMCレーシング)
5位 グレゴリー・ヘンダーソン(ニュージーランド、チームスカイ)
→一覧

第1ステージ終了後総合成績
1位 アンドレ・グライペル(ドイツ、チームHTCコロンビア)   3h15'20"
2位 ヘルト・ステーグマン(ベルギー、レディオシャック)      +04"
3位 ユルゲン・ルーランズ(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
→一覧
(2010/1/19 17:18)

ツアー・オブ・グアテマラ勝者の血液サンプルが襲撃で破壊

ある選手がドーピング検査から巧みに逃れたとしても珍しいことではないかもしれないが、何か今までと違った事件が起きたら驚くこともあるだろう。そして先日、南米で注目すべきニュースが明らかになった。ツアー・オブ・グアテマラ勝者のものを含む2つの血液サンプルを運んでいた宅配便のトラックが襲撃され、サンプルが破壊されてしまっていたのだ。

ツアー・オブ・グアテマラ王者ネリー・ベラスクエズともう1人のグアテマラ出身アルフレッド・アジャパカジャは、12月18日にサンプルを提供した。これはアンチドーピングの当局が、10月に行われた同大会で2人が動物用のアナボリックステロイドを使用していたとの疑いをかけていたからだ。

2004年にすでにEPO使用で出場停止処分を科せられたベラスクエズは、もし2度目のドーピング違反が確定した場合、自転車選手としてのキャリアの終わりを意味する。

グアテマラの新聞紙『Siglo XXI』によると、カナダへと検査のために送られるサンプルを運んでいたアメリカの国際宅配便企業DHLのトラックが12月21日に襲撃された。なお、犯人についてはまだ分かっていない。しかし襲撃の前、突然べラスクエズ、アジャパカジャは配達会社のオフィスを訪れ、サンプルを探していたと同紙は報じている。

サンプルなしではドラッグ検査の当局も、2選手がツアー・オブ・グアテマラで実際に禁止薬物を使用していたのを裏付けるのは難しい。ただ、もし両者が今回の襲撃に関与していることが警察によって証明されれば、彼らは懲役刑に科せられる見込みだ。
(2010/1/18 17:07)

旅サイクリスト松尾由香と山下晃和のWトークショーが青山で開催

ユーラシア大陸を横断した松尾由香さんと、東南アジアを縦断した山下晃和さんのパニアサイクリスト二人の合同スライドショー&トークショーが下記日程で開催される。

旅サイクリスト松尾由香と山下晃和のWトークショー〜ユーラシア大陸横断と東南アジア縦断〜

日時:2月6日(土)17時半受付 18時スタート 19時半頃まで
場所:BIKE FORUM AOYAMA
入場:無料(要予約)
定員:30名
※参加者の方には粗品あり

内容:ユーラシア大陸を横断し、その記録を八重洲出版サイクルスポーツで記事を連載し、人気を博した松尾由香さん。東南アジアを縦断し、自転車人、バイシクルマガジンで記事を連載した山下晃和さん。長距離サイクリストの二人による貴重な体験と、スリリングな写真、風光明媚な海外の写真等を見ながら、スライドショー&トークショーを行う。また、山下晃和さんが使っていた次世代サイクルコンピューターemetersのデモンストレーションもする予定だ。

松尾由香さん プロフィール 
1972年生まれの旅サイクリスト。約1年7ヶ月をかけ、女子単独ユーラシア大陸24カ国13500km以上を走り抜ぬける。http://www.geocities.jp/cycle_yatri_yuka/

山下晃和さん プロフィール
1980年生まれの旅サイクリスト。単独東南アジア縦断。8カ国およそ7500kmを走り抜ける。
http://akikazoo.net

名前、人数をお知らせの上、Wトークショー参加の旨をメールください。

メールアドレス:bikeforumaoyama@gmail.com
件名:「Wトークショー申込」
宛先:「バイクフォーラム青山 Wトークショー係」として送信をお願いします。
*定員になり次第受付は終了とさせていただきます。あらかじめご了承ください。 お早めに申し込みをお願いします。
(2010/1/14 11:25)

レディオシャック新スポーツディレクターのアセベド、ダウンアンダーを前に緊張

元選手のホセ・アセベドは、レディオシャックのスポーツ・ディレクターとして新しいキャリアをスタートし、オーストラリアで開催されるツアー・ダウンアンダーを担当することになる。ポルトガル・リスボンの日刊紙ア・ボラによると、アセベドは「新しい経験に直面する人が持つよくある不安」を抱えていると語っている。

アセベドは「総監督のヨハン・ブリュイネールとよく話をするよ。それが僕がこの仕事に対する自信を持つために必要な経験を学び、獲得するのに重要なんだ」と語っていた。

1月19日から開幕するツアー・ダウンアンダーでのレディオシャックの出場メンバーは、ランス・アームストロング(アメリカ)、ダリル・インペイ(南アフリカ)、ジェイソン・マッカートニー(アメリカ)、ヤロスラフ・ポポヴィッチ(ウクライナ)、セバスティアン・ロセレル(ベルギー)、トーマス・ヴァイクス(リトアニア)、ヘルト・ステーグマン(ベルギー)の7人を予定している。
(2010/1/11 4:24)

メイヤーがオーストラリアのTTチャンピオンに輝く

1月6日にオーストラリアのヴィクトリアで開催されたオーストラリアオープンロードタイムトライアル選手権で2位のジョン・アンダーソンに29秒の差をつけ、50分52秒のタイムでキャメロン・ メイヤー(ガーミン・トランジションズ)が優勝した。

メイヤーはレース後「今回の勝利は、何ヶ月も目標としてきたものであり、優勝できたことを非常に光栄に思っています。エリートとしての1年目はとてもつらかったから、今年はステップアップしたかった。」とコメントしている。
(2010/1/7 18:03)

コールの山岳賞ジャージがオークションにかけられる

一度信用を失った元プロ選手のベルンハート・コール(オーストリア)に対し、世間は厳しい。彼は第3世代のEPOであるCERAを2008年のツール・ド・フランスで使用し、ドーピング検査で陽性が発覚したが、今、そんな彼の元マネージャーが彼の過去に使用したサイクリングウエアをオークションにかけている。しかも価格は定価以下だ。

コールの元マネージャーであるステファン・マッチナーはコールのサインが入った2008年のツール・ド・フランスの山岳賞ジャージをオークションに出品。山岳賞ジャージはツールのオフィシャルサイトでは新品が定価の79ユーロ(約1万円)で販売されているが、オークションに出品されたサコッシュとコールのサイン入りジャージはたった71ユーロ(約9000円)の値しかつかなかった。ドーピングを犯したコールのサインはジャージの価値を8ユーロ下げてしまったのである。
(2010/1/7 16:28)

チームブリヂストンアンカーが2010年新体制を発表

チームブリヂストンアンカーが2010年新体制を発表した。ロードチームは選手を大幅補強、海外活動もより強化し、チーム全体のレベルアップを図る。 また、海外派遣を中心とする若手選手育成の為のブリヂストン・エスポワールも継続して活動する。

【ロードチーム】

チーム ブリヂストン・アンカー( コンチネンタル登録 )

チームスタッフ
監督:藤野 智一
コーチ:久保 信人
メカニック:神馬 有貴
ドクター:内田 彰子
マッサージャー:安見 正行
管理栄養士:柴田 麗

選手
飯島 誠
山本 雅道
普久原 奨
三瀧 光誠
相川 将
伊丹 健治
狩野 智也
清水 都貴
清水 良行

チーム ブリヂストン・アンカー(女子選手)

選手
森田 正美

ブリヂストン・エスポワール

チームスタッフ
監督:藤野 智一
コーチ:久保 信人

選手
嶌田 義明
金子 友也
平井 栄一
清水 太己

【MTBチーム】

チーム ブリヂストン・アンカー

チームスタッフ
コーチ:鈴木 雷太

選手
辻浦 圭一
山本 幸平

サテライト選手
平野 星矢
(2010/1/6 15:55)

フィッシャーがガーミンへ移籍

ムリロ・フィッシャー(ブラジル)がガーミン・トランジションズへ移籍することが決まった。

フィッシャーはリクイガスと2010年の契約更新に至らなかったため移籍先を探していた。ガーミンではスプリンターのタイラー・フェラー(アメリカ)のアシストを務める事になるだろう。

フィッシャー自身もスプリンターだが昨年9月に優勝したツール・ド・ロマーニェ以外はここ数年、目立った好成績はなかった。
(2010/1/5 15:32)

元プロ選手のセニュールがスタッフとしてアスタナ入り

元プロ選手のエディ・セニュール(フランス)がアスタナの運用管理者として加入することになった。

過去に5度フランスチャンピオンに輝いたことのあるセニュールは2005年に引退し、近年はコフィディス(2007年)やクレディ・アグリコル(2008年)のスポーツディレクターを務めていた。
(2010/1/4 11:27)

スペシャライズドがアスタナのスポンサーに

スペシャライズドは2010年1月1日、正式にアスタナとスポンサー契約を結んだことを発表した。

バイクだけでなく、ヘルメット、シューズ、クランク、ステム、サドル、ROVALホイールなどがチームへ提供される予定だ。
(2010/1/4 11:13)

バルセロナ、2014年ツールのスタート地点に?

スペインのバルセロナが、ツール・ド・フランスを主催するASOと2014年のグランデパールについて交渉を進めている。これはまずスペインの新聞『el Periodico』が報じており、バルセロナは、 レースがフランス国内に舞台を移すまでプロローグと少なくとも第1ステージを開催することを望んでいる模様だ。

バルセロナは、これまで何度かツールでステージのスタートとゴール地点を務めている。2009年大会でもトル・フースホフトが制した第6ステージのゴール地点と、翌日アンドラのアーカリスへ向かう第7ステージのスタート地点となった。
(2010/1/1 14:23)

愛三工業レーシングチームが2010年新体制を発表

愛三工業レーシングチームが2010年のチーム体制を発表した。今年新規に加入したのは。ブリヂストン・アンカーの福田真平のみ。全日本チャンピオンの西谷泰治、タイムトライアルチャンピオンの盛一大を中心とした計8選手で戦いに挑む。3月1日より開催されるツール・ド・ランカウイでシーズン初戦を迎える予定だ。

シマノレーシング
綾部勇成 愛三工業レーシングチーム
別府匠  愛三工業レーシングチーム
西谷泰治 愛三工業レーシングチーム
盛一大  愛三工業レーシングチーム
品川真寛 愛三工業レーシングチーム
鈴木謙一 愛三工業レーシングチーム
松村光浩 愛三工業レーシングチーム
福田真平 ブリヂストン・アンカー

チームスタッフ
ゼネラルマネージャー 中根賢二
監督         田中光輝
アドバイザー     別府 始
アシスタント     渡会菜々
チーフメカニック   中島康仁
マッサージャー    赤星太朗
(2010/1/1 14:04)

シマノが2010年新体制を発表

シマノレーシングが2010年のチーム体制を発表した。村上純平がオランダ拠点のサテライトチームから国内シマノレーシングへ戻る一方、阿部嵩之がオランダ拠点で走ることとなった。また、パールイズミ・スミタ・ラバネロから平塚吉光が加入。ベテランの狩野智也はチーム離脱を発表しているが、移籍先は未発表だ。

シマノレーシング
鈴木真理 シマノレーシング
野寺秀徳 シマノレーシング
飯野嘉則 シマノレーシング
畑中勇介 シマノレーシング
鈴木 譲 シマノレーシング
村上純平 シマノレーシング・サテライト
平塚吉光 パールイズミ・スミタ・ラバネロ

シマノレーシングサテライト(オランダ)
島田真琴 シマノレーシングサテライト
阿部嵩之 シマノレーシング

チームスタッフ
チームマネジャー 今西尚志
メカニック    大久保修一
メカニック    丸山健二
マッサージャー  鳴島孝至
ドクター     熊井 司
アドバイザー   内丸 仁
(2010/1/1 13:30)