新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利!
CT News Headline

ラスムッセン、ツール・ド・サンルイスに出場予定

ミカエル・ラスムッセン(デンマーク)が来月の18日から24日の7日間に渡ってアルゼンチンで開催されるツール・ド・サンルイスに出場する。

ラスムッセンは今年の夏に2年間の出場停止処分を終え、メキシコのチーム、テコス・トレックの選手としてツール・ド・プエブラとブエルタ・ア・チワワに出場していた。

なお、ツール・ド・サンルイスにはミケ・シルバークロス・セライタリアチームの一員としてレースに出場するとみられている。
(2009/12/28 11:15)

女子ケイリンがオリンピック種目に採用

2012年開催のロンドン・オリンピック競技大会のトラック・プログラムに、女子ケイリンが採用されることを日本自転車競技連盟が発表した。

この変更は国際オリンピック委員会(IOC)の男女平等の種目数の方針に基づきUCI がIOCに提案して12月13日のIO 理事会で認められたもの。

北京ではトラックレースは男子7種目、女子3種目で行われたが、ロンドンでは男・女とも同じ5種目で行われることとなる。

日本自転車競技連盟 プレスリリース
(2009/12/23 12:36)

セサルが鎖骨を骨折

今年のブエルタ・ア・エスパーニャの第9ステージを制したグスタボ・セサル(スペイン、シャコベオ・ガリシア)がトレーニング中に左鎖骨を骨折した。数人のサイクリストと山を走っている最中に落車し、左肩から落ちたことで鎖骨が折れてしまった。サセルはすぐにスペインのルーゴにある病院で処置を受け、まもなく折れた骨にプレートであて、ピンで固定する手術を受ける予定だ。今回の怪我はサセルがプロ入りしてからの12年間で最も大きな怪我だという。
(2009/12/22 18:14)

ブリッツェンの監督に栗村氏が就任

サイクルスポーツマネージメント株式会社は22日、2010年宇都宮ブリッツェン新体制を発表した。今年、監督を務めた柿沼章はライダー兼コーチとして、また新監督には栗村修が就任する。

BLITZEN宇都宮プロレーシングチーム2010年チーム体制
RIDERS (名前/生年月日/2009年所属チーム)
柿沼 章(Akira KAKINUMA/1972.4.24)
廣瀬佳正(Yoshimasa HIROSE/1977.10.21)
中村 誠(Makoto NAKAMURA/1983.01.12)
辻 善光(Yoshimitsu TSUJI/1984.08.11)
長沼隆行(Takayuki NAGANUMA/1985.04.16)
斉藤祥太(Shota SAITO/1986.05.13)
小坂 光(Hikaru KOSAKA/1988.10.21)
若杉厚仁(Atsuhito WAKASUGI/1989.10.14)

SPORTS DIRECTOR
栗村 修(Osamu KURIMURA/1971.12.30)

宇都宮ブリッツェン
(2009/12/22 14:23)

ロンドン五輪で自転車競技の女子種目を追加

国際五輪委員会(International Olympic Committee、以下IOC)は10日、2012年ロンドン五輪では自転車競技で女子種目を増やすと発表した。

今回の変更により、ロンドン五輪で女子自転車選手の出場者数は北京五輪の35人から84人に増える。

自転車競技は男女ともにスプリント、チームスプリント、ケイリン、チームパシュート(団体追い抜き)、新種目のオムニウム(個人で異なる5つのレースに出場し、総合順位を争う種目)が実施されるが、個人パシュート、ポイントレース、マディソンは廃止される。
(2009/12/11 16:23)

ツアーダウンアンダーでドラージュがオメガファーマ・ロットのエースに

ミカエル・ドラージュ(フランス)が来月オーストラリアで開催されるツアー・ダウンアンダーでエースを務めることになった。

ドラージュは2006年、ジロ・デ・イタリアに初出場し、同年のツール・ド・ラブニールでは第1ステージを制している。

オメガファーマ・ロット ツアー・ダウンアンダー出場メンバー
ミカエル・ドラージュ(フランス)
オリヴィエ・カイセン(ベルギー)
ヨナス・ユングブラッド(スウェーデン)
マシュー・ロイド(オーストラリア)
へルベン・ロヴィク(オランダ)
ユルゲン・ルーランズ(ベルギー)
ユルゲン・ヴァンホーレン(ベルギー)
(2009/12/7 12:06)

サイクルモード東京にクネゴが来場決定!12日にはトークライブも

22歳の若さで「ジロ・デ・イタリア」総合優勝を達成。さらには、ワンデーレースで無類の強さを発揮する世界的プロロードレーサー、ダミアーノ・クネゴが遂にサイクルモードのメインステージに登場。

日本でもお馴染みな人気選手の貴重なトークショーがここに実現!「海外プロ選手フリーク」安田大サーカス・団長安田との“自転車オモシロトーク”で、一線級プロ選手の素顔を垣間見られる、またとないチャンスだ!!

開催地:幕張メッセ
日時:12月12日(土)
時間:15:30〜16:00

※イベント内容は、都合により予告なく変更・中止になる場合があります。
(2009/12/4 10:58)

ドーコンとNTTドコモ、「サイクルシェアリング」の取り組みを共同推進

株式会社ドーコンと株式会社NTTドコモは、「サイクルシェアリング」(コミュニティサイクル)の取り組みを共同で推進していくことについて合意したことを発表した。

「サイクルシェアリング」の取り組みの一環として、2010年6月1日より4ヶ月間、札幌市内で実証実験を行う。

新たなまちづくりの手段として、また、環境に配慮した移動手段として事業化を期待されている「サイクルシェアリング」に対し、サイクルポートの効果的な配置とケータイを介した遠隔管理、決済処理、ナビゲーション機能を活用することにより、本格的な普及に向けた事業性検証を行っていく。

実証実験の概要:
実験期間 2010年6月1日(火)〜9月30日(木)
実施場所 北海道 札幌市内

【サイクルシェアリング 】
自転車をどこでも借りられてどこでも返せる自転車共同利用サービス(コミュニティサイクル)のこと。2007年にフランスのパリ市でvelib(べリブ)というコミュニティサイクルが導入されるなど、欧米諸国では既に都市の顔として定着している。

株式会社 ドーコン
(2009/12/4 9:07)

2010年よりロードレースでの無線機使用が段階的に禁止に

日本自転車競技連盟は、UCI理事会の決定を受け、2010年よりロードレースにおける競技者による無線機使用が,段階的に禁止されることを発表した。

2010年においては以下のレースでの無線使用が禁止される。

世界選手権大会
国際競技日程の,男子/女子エリートカテゴリのクラス2競技大会
国内競技日程の,男子/女子エリートカテゴリの競技大会

(U23/ジュニア・カテゴリはすでに禁止)

自転車競技連盟 リリース
(2009/12/3 17:08)

ブリヂストンサイクルと nari/furi(ナリフリ)新ジャンルを提唱する「HELMZ ヘルムズ」を 共同開発

ブリヂストンサイクルが、60周年記念モデル第4弾として、自転車カジュアルブランドのnari/furiと新ブランド「HELMZ ヘルムズ」を共同開発、サイクルモード2009東京会場において先行展示すると発表した。

「HELMZ」はブリヂストンサイクルの60周年記念商品の第4弾にあたり、ストリート(街乗り)ライダーをターゲットにした SpeedCruiser(スピードクルーザー) という新ジャンルの自転車になるという。


「FASHION+BICYCLE」を牽引していくことを目指し、来春の発売を予定している。

ブリヂストンサイクル株式会社 プレスリリース

http://www.helmz.jp/
(2009/12/3 10:57)