新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利!
CT News Headline

トーマス・デッケルがサイレンス・ロットと2年契約を結ぶ

ラボバンクに所属していたトーマス・デッケル(オランダ)がベルギーのサイレンス・ロットと2年契約を結んだ。サイレンス・ロットはフィリップ・ジルベール(ベルギー)やベルンハート・コール(オーストリア)を獲得済み。若手の有力選手が揃う。チームウェブサイト内の写真はこちら
(2008/9/30 8:44)

CONIが薬物使用自白のリッコに20ヶ月の出場停止を要求

イタリアのガゼッタ紙が伝えたところによると、ツール・ド・フランス期間中のドーピング検査で陽性が発覚し、のちに第3世代EPO使用を認めたリカルド・リッコ(イタリア)に対し、CONI(イタリアオリンピック委員会)は20ヶ月の出場停止を言い渡した。WADA(世界アンチドーピング機構)の規定では2年間の出場停止だが、自白したことで処分は軽減された。
(2008/9/30 8:38)

速報!Jツアー第9戦飯田ロードは土井圧勝で3連覇

9月28日(日)、長野県飯田市で実業団ロードレースJツアー第9戦飯田ロードが行われ、逃げからアタックした土井雪広(スキルシマノ)が優勝した。土井はこれで飯田ロードを3連覇達成。詳しくは追ってCTニュースでお伝えします。

結果
1位 土井雪広(スキルシマノ)
2位 鈴木真理(スキルシマノ)
3位 柿沼章(チームブリヂストン・アンカー)
4位 佐野淳哉(チームニッポエンデカ)
5位 狩野智也(スキルシマノ)
6位 中村誠(チームブリヂストン・アンカー)
7位 三船雅彦(マトリックスパワータグ・コラテック)
8位 真鍋和幸(チームニッポエンデカ)
(2008/9/28 16:22)

速報!ロード世界選手権U23はコロンビアのドゥアルテが優勝

2008年9月26日、イタリア・ヴァレーゼにてロード世界選手権U23のロードレースが行なわれ、小集団の中からラスト500mで飛び出したファビオアンドレス ドゥアルテ(コロンビア)がゴールまで独走。後続を振り切ったドゥアルテがU23世界チャンピオンに輝いた。詳しくはCT NEWSでお伝えします。
(2008/9/26 23:38)

速報!ツール7連覇のアームストロングがアスタナに加入

アスタナのチームウェブサイトが伝えたところによると、ツール・ド・フランスで7連覇を達成し、2005年を最後に現役を引退していたランス・アームストロング(アメリカ)が、ヨハン・ブリュイネール監督率いるアスタナで現役に復帰する。詳しくはCT NEWSでお伝えします。
(2008/9/25 9:13)

速報!体調不良のカンチェラーラが世界選手権を欠場する

チームCSC・サクソバンクのチームウェブサイトが伝えたところによると、悪天候に見舞われたツール・ド・ポローニュで体調を崩したファビアン・カンチェラーラ(スイス)が、開催迫る世界選手権を欠場する。カンチェラーラはタイムトライアルで3連覇がかかっていた。
(2008/9/22 1:08)

ルビエラがアスタナともう1年契約

今年末で引退予定だったホセルイス・ルビエラ(スペイン、アスタナ)がもう1年走ることを決め、アスタナと契約延長した。「チェチュ」はアームストロングの山岳アシストとして5勝を支えたことで知られる。おそらく復活するアームストロングのための決心だと思われる。
(2008/9/20 11:05)

フランドル覇者ウェーゼマンが引退

フランドル一周レース、ロンド・ファン・フラーンデレン2005を制したシュテフェン・ウェーゼマン(ドイツ、サイクルコールストロップ)がこの土曜に引退する。理由は「もう走る意欲がわかない」としている。ウェーゼマンは現在37歳で、スイスに在住している。
(2008/9/20 11:04)

シマノ鈴鹿ロード TV放映

今年で25周年を迎えたシマノ鈴鹿ロードレースの特別番組がテレビ大阪とテレビ愛知で放送される。タレントの和希沙也やパックンらが出演している。

「2008夏、1万人の自転車の祭典〜第25回シマノ鈴鹿ロードレース〜」
テレビ大阪 9月20日(土)12:30〜13:25
テレビ愛知9月23日(火・祝)10:00〜10:55

テレビ大阪のサイト
(2008/9/20 11:04)

クレディアグリコルのジェランスがサーヴェロに移籍する

フランスのレキップ紙が伝えたところによると、ツール・ド・フランスでステージ優勝を飾ったサイモン・ジェランス(オーストラリア、クレディアグリコル)がカナダの新生チーム、サーヴェロ・テストチームに移籍する。サーヴェロは既にサストレやフースホフトを獲得済みだ。
(2008/9/19 15:11)

ツール・ド・北海道第6ステージ速報 西谷がスプリントに勝利 宮澤総合優勝

15日に札幌で行われたツール・ド・北海道第5ステージのクリテリウムで西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)がゴールスプリントを制して優勝。個人総合優勝はマラカイトジャージを死守し、ポイント賞も獲得した宮澤崇史(梅丹本舗・GDR)の手に。詳しくはCTニュースでお伝えします。
(2008/9/15 11:57)

北京パラ自転車最終日(ロード3日目) 大城は13位

北京パラリンピック自転車競技最終日となる9月14日、男子ロードレース(B&VI)出場の大城竜之(パイロットは高橋仁)は13位。
(2008/9/15 0:41)

ツール・ド・北海道第5ステージ速報 マクドナルド勝利。宮澤が首位守る

14日に行われたツール・ド・北海道第5ステージは終盤3人の逃げが決まりピーター・マクドナルド(オーストラリア、ドラパックポルシェ)が優勝。13秒遅れのメイン集団のトップは宮澤崇史(梅丹本舗-GDR)が制し、リーダージャージを守った。詳しくはCTニュースでお伝えします。

第5ステージ結果
1位 ピーター・マクドナルド(オーストラリア、ドラパックポルシェ)4時間15分9秒
2位 真鍋和幸(NIPPOエンデカ)
3位 青柳憲輝(法政大学)                     +03秒
(2008/9/14 18:07)

北京パラ ロード2日目 小川は4位

北京パラリンピック自転車ロード競技2日目の9月13日、男女混合ロードレース(CP1/CP2)で小川睦彦(男子CP2)は4位。 男子ロードレース(LC3/LC4/CP3)で藤田征樹(LC3)は19位。男子ロードレース(LC1/LC2/CP4)出場の石井雅史(CP4)は落車のためDNF。
(2008/9/14 14:07)

北京パラ ロード1日目 石井、藤田ともに銅

北京パラリンピック自転車ロード競技1日目の9月12日は各障害クラスに分かれて個人TTが行われ、石井雅史が男子ロード個人TT(CP4)で銅メダルを獲得。 また、藤田征樹も男子ロード個人TT(LC3)で銅メダルを獲得した。 大城竜之(パイロットは高橋仁)は男子ロード個人TT(B&VI)で14位。
(2008/9/14 14:06)

ツール・ド・北海道第4ステージ速報 ヴァンレイジェン勝利 宮澤総合首位へ

13日午後から行われたツール・ド・北海道第4ステージはジュースト・ヴァンレイジェン(ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)がゴールスプリントを制し優勝した。2位に入った宮澤崇史(梅丹本舗GDR)が1秒差でマラカイトジャージを手にした。詳しくはCTニュースでお伝えします。

1位 ヴァン・レイジェン・ジュースト(ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)
2位 宮澤崇史(梅丹本舗-GDR)
3位 ピーター・マクドナルド(ドラパック・ポルシェ)
(2008/9/13 18:58)

ツール・ド・北海道第3ステージ速報 盛がステージ連覇

ツール・ド・北海道第3ステージ、帯広市十勝川河川敷地内で行われた1.6Kmの個人タイムトライアルで盛一大(愛三工業レーシング) が2位新城幸也(梅丹本舗GDR)に0.7秒差でトップタイムをマーク。第2ステージに続いて連覇した。また2〜5位を梅丹本舗GDR勢が占めた。同日午後から116Kmの第4ステージが行われる。

第3ステージ結果
1位 盛一大(愛三工業レーシング) 2分1秒69
2位 新城幸也 +0.7秒
3位 清水都貴 +1秒
4位 宮澤崇史 +2秒
5位 岡崎和也 +2秒
(2008/9/13 15:25)

北京パラ ロード1日目 石井、藤田ともに銅

北京パラリンピック自転車ロード競技1日目の9月12日は各障害クラスに分かれて個人TTが行われ、石井雅史が男子ロード個人TT(CP4)で銅メダルを獲得。 また、藤田征樹も男子ロード個人TT(LC3)で銅メダルを獲得した。
(2008/9/13 4:57)

サストレに続き、フースホフトのサーヴェロ移籍が決定

サーヴェロ・テストチームがツール・ド・フランス覇者のカルロス・サストレ(スペイン)に続くビッグネーム獲得を発表した。今回契約が発表されたのは、ツールでステージ通算6勝を飾っているトル・フースホフト(ノルウェー)。チーム解散が決まっているクレディアグリコルからの移籍だ。
(2008/9/12 1:18)

速報!シューマッハーがクイックステップと2年契約

フランスのレキップ紙が伝えたところによると、チーム解散が決まっているゲロルシュタイナーのステファン・シューマッハー(ドイツ)がベルギーのクイックステップと契約を結んだ。契約は2009年から2010年までの2年間。
(2008/9/11 22:48)

ツール・ド・北海道第1ステージ ヴァンルイテンビークが勝利。宮澤2位

9月11日に開催されたツール・ド・北海道第1ステージは5人の先頭集団が抜け出しに成功。さらにゴール前で飛び出したエマヌエル・ヴァンルイテンビーク(ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)が2位宮澤崇史(梅丹本舗-GDR)を制してステージ優勝を飾った。個人総合首位のマラカイトグリーンジャージもヴァンルイテンビークが獲得した。詳しくはCT Newsでお伝えします。

ツール・ド・北海道第1ステージ結果
1位 エマヌエル・ヴァンルイテンビーク(オランダ、ヴァン・ヴリエ・EBH・エルショフ)
2位 宮澤崇史(日本、梅丹本舗-GDR)
3位 ミリオン・ディビス(イタリア、NIPPO-エンデカ)
(2008/9/11 17:32)

北京パラ トラック4日目 大城4位

北京パラリンピック自転車トラック競技4日目の9月10日、大城竜之(パイロットは高橋仁)は男子スプリント(B&VI)に出場。10日現在のリザルトによると降格で4位。
(2008/9/11 13:14)

世界選手権ロード日本代表決まる

JCF日本自転車競技連盟が2008年ロード世界選手権大会(イタリア、ヴァレーゼ)の日本代表6選手および監督陣を発表した。メンバー構成は以下のとおり。

選手団
監督:三浦 恭資(JCF強化コーチ)
コーチ:大門 宏(JCF強化スタッフ)
メカニック:齊藤 健吾(JCF強化スタッフ)
マッサー:セルジオ ビアンキ(現地スタッフ)

選手 (6名)
男子エリート
野寺 秀徳(JPCA・スキル・シマノ)
井上 和郎(福井・NIPPO-ENDEKA)
新城 幸也(沖縄・梅丹本舗-GDR)
女子エリート
沖 美穂(JPCA・ザ・ワナビーズ・ナカマ)
山島 由香(大阪・サイクルベースあさひ)
萩原 麻由子(群馬・鹿屋体育大学)
(2008/9/11 1:42)

ジャパンカップ覇者モーリがランプレに移籍

2007年ジャパンカップ覇者マヌエーレ・モーリ(現スコット・アメリカンビーフ)がランプレと来期からの2年契約を結んだ。ちなみにランプレには兄マッシミリアーノも所属している。
(2008/9/11 1:40)

オグレディがチームCSCサクソバンクと契約更新

スチュアート・オグレディ(オーストラリア)が現在の所属チームのチームCSCサクソバンクと2年間の延長契約にサインした。
(2008/9/11 1:39)

速報!ツール7連覇のアームストロングの現役復帰が決定!

ツール・ド・フランスで前人未到の7連覇を達成し、2005年に現役を引退したランス・アームストロング(アメリカ)が帰ってくる。9月18日に37歳になるランスは、数日前から浮上していた現役復帰の噂を認め、ツール8勝目を目指すと声明を出して発表。Velonewsが伝えた。詳しくはCT Newsでお伝えします。
(2008/9/10 9:01)

北京パラ トラック3日目 石井が世界新で金、藤田は銀

北京パラリンピック自転車トラック競技3日目の9月9日、男子1kmTT(障害クラスCP4)で、石井雅史が世界新となる1分08秒771をマークして優勝。また、藤田征樹が男子個人追抜(LC3)で銀メダルを獲得した。
(2008/9/10 6:19)

北京パラ トラック2日目 大城は1kmTTで5位

北京パラリンピック自転車トラック競技2日目の9月8日、男子1kmTT(障害クラスB&VI1-3)に出場した大城竜之(タンデムパイロットは高橋仁)は5位と健闘。パラリンピックレコード1分04秒950を上回る1分04秒593だったが、各国選手も次々とタイムを更新。1分02秒864で自らの世界記録を更新した英国のAnthony KAPPES(パイロットはBarney STOREY)が優勝した。なお、このタイムは時速57.266kmに相当する。
(2008/9/9 0:04)

CSCのジュリックが今シーズン限りでの引退を発表

チームウェブサイトが伝えたところによると、今年11月に37歳になるボビー・ジュリック(アメリカ、チームCSC・サクソバンク)が今シーズン限りでの引退を発表した。かつてコフィディスやクレディアグリコル、テレコムに所属し、1998年のツール・ド・フランスでは総合3位に入り、表彰台に登壇。2004年から現チームに合流した。同年アテネ五輪のTTで銅メダル。2005年にはパリ〜ニース、クリテリウム・アンテルナシオナル、エネコツアーで総合優勝に輝いている。
(2008/9/8 21:07)

ツール山岳王のコールがサイレンス・ロットと3年契約

2008年ツール・ド・フランスで総合3位に入るとともに、山岳賞を獲得したベルンハート・コール(オーストリア、ゲロルシュタイナー)。チーム解散によって移籍先が注目されていたが、このほどチームによる正式な発表が行なわれた。その移籍先とは、ツール総合2位のエヴァンス(オーストラリア)擁するサイレンス・ロット。契約は2009年から2011年までの3年。チームは既にフィリップ・ジルベール(ベルギー、現フランセーズデジュー)との契約も済ませている。
(2008/9/8 21:03)

北京パラ 藤田と石井が銀

北京パラリンピック自転車トラック競技1日目の9月7日、藤田征樹が男子1kmTT(障害クラスLC3-4)で銀メダルを獲得。また、石井雅史も男子個人追抜(CP4)で銀メダルを獲得した。
(2008/9/8 12:24)

速報!Jツアー第8戦全日本実業団ロードは山本雅道が優勝

9月7日、岩手県紫波町でJツアー第8戦、第42回全日本実業団対抗サイクルロードレース大会が行われ、山本雅道(BSアンカー)が優勝した。序盤にできた15人ほどの逃げからさらに盛と福田が逃げたが、最終周回にこれを吸収、ラストでアタックした西谷に山本が追いつき、上り坂のゴール勝負を制した。団体は愛三工業が1位となった。
(2008/9/7 15:11)

ツール覇者のサストレがCSC離脱、サーヴェロへ移籍

スペインのマルカ紙が伝えたところによると、2008年ツール・ド・フランスを制したカルロス・サストレ(スペイン)が、7年間所属したチームCSC・サクソバンクを離れ、2009年からカナダのサーヴェロ・テストチームに移籍する。ロシアのカチューシャへの移籍も噂されていたが、サストレはイニーゴ・クエスタ(スペイン)とともにサーヴェロへの移籍を決意した。
(2008/9/5 16:38)

クイックステップとランプレのジャパンカップ出場が決定

2008年10月25日に開催される第17回ジャパンカップ(UCI1.HC)にはプロツアー4チームが出場する。今回新たにクイックステップとランプレの出場が発表され、これで出場するプロツアーチームはブイグテレコムとリクイガスを加えた4チームに。例年以上に国際色豊かなハイレベルレースが予想される。
(2008/9/5 16:22)

アメリカロードチャンピオンはハミルトン。TTはザブリスキー

8月31、9月1日にアメリカロードレースナショナル選手権が行われ、個人タイムトライアルでデーヴィッド・ザブリスキー(ガーミン・チポレ)が優勝。ロードレースはタイラー・ハミルトン(ロックレーシング)が優勝し、それぞれナショナルチャンピオンに輝いた。
(2008/9/3 1:36)

チームCSCサクソバンクは2009年スペシャライズドに乗る

チームCSCサクソバンク(来期はサクソバンク)の運営会社リースサイクリングが2009年のバイクスポンサーとしてスペシャライズドと契約したことを発表した。
(2008/9/3 1:36)

マキュアンのカチューシャ(現ティンコフ)移籍が正式決定

フランスのレキップ紙が伝えたところによると、ツール・ド・フランスでステージ通算12勝を飾っているロビー・マキュアン(オーストラリア、サイレンス・ロット)が、ティンコフの後継チームであるカチューシャと2年契約を結んだ。他にもヘルト・ステーグマン(ベルギー、クイックステップ)やウラディミール・カルペツ(ロシア、ケスデパーニュ)も同チームと契約。詳しくはCT Newsでお伝えします。
(2008/9/2 1:33)