新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… ブエルタで存在感を示したプロコンチネンタルのアクアブルースポーツが来シーズン1Xとディスクブレーキ採用の3Tストラーダの使用を決定!新時代バイクがワールドツアーレース投入へ 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 サイクリングウェア ブランドナビ 世代最強の王者クリス・フルームがダブルツールを達成出来た理由はチーム力!チームスカイの綿密な戦略が可能にした勝利
CT News Headline

シャヴァネルが3度目のフランスTTチャンピオンに輝く

フランスのレキップ紙が伝えたところによると、6月26日に行なわれたフランス選手権のタイムトライアルで、シルヴァン・シャヴァネル(フランス、コフィディス)が2005年と2006年に続く3度目のチャンピオンに輝いた。ヨーロッパ各国のナショナル選手権は週末(6月29日)にかけて一斉に開催される。
(2008/6/27 11:54)

ベンナーティを欠くリクイガスがツールのメンバー発表

イタリアのリクイガスチームがツール・ド・フランスの出場メンバーを発表した。総合狙いはツール・ド・スイスで総合優勝を果たしたロマン・クルージガー(チェコ)。他にもステージ優勝を狙える有力選手が揃う。メンバーはクルージガーの他にフィリッポ・ポッツァート(イタリア)、マヌエル・クインツィアート(イタリア)、フレデリック・ヴィレムス(ベルギー)、アレクサンダー・クチンスキー(ベラルーシ)、マヌエル・ベルトラン(スペイン)、ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)、ムリロ・フィッシャー(ブラジル)、フランチェスコ・キッキ(イタリア)の8名。ベンナーティの穴はフィッシャーとキッキが埋める。
(2008/6/27 11:53)

ベンナーティのツール・ド・フランス出場はキャンセル

ジロ・デ・イタリアでマリアチクラミーノ(ポイント賞ジャージ)を獲得し、ツール・ド・フランスでの活躍が期待されていたダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)。イタリアのガゼッタ紙が伝えたところによると、ベンナーティはジロ期間中に痛めた左足が完治せず、「シーズン後半を見据えて」ツールの出場を見送った。ボーネン(ベルギー)に続いて注目のスプリンターがまた一人欠場することに。
(2008/6/27 11:52)

ガーミン・チポレがツール出場メンバーを発表

スリップストリーム改めガーミン・チポレがツール・ド・フランス出場メンバーを発表した。同チームはツール開幕直前にメインスポンサーのガーミンを獲得しチーム名を変更した。出場メンバーはマニュス・バクステッド(スウェーデン)、ジュリアン・ディーン(ニュージーランド)、ウィル・フリッシュコーン(アメリカ)、レイダー・ヘシェダル(カナダ)、トレント・ロウ(オーストラリア)、マルティン・マースカント(オランダ)、デーヴィット・ミラー(イギリス)、ダニー・ペイト(アメリカ)、クリスチャン・ヴァンデヴェルデ(アメリカ)。ジロで落車し負傷したデーヴィット・ザブリスキー(アメリカ)は再び負傷しリストから外れた。新ジャージのお披露目はツール開幕2日前にブレストで開かれるチームプレゼンテーションとなる予定だ。
(2008/6/25 22:05)

リッコがツール出場!サウニエルドゥバルがメンバー発表

サウニエルドゥバル・スコットがツール・ド・フランス出場メンバーを発表した。ジロで総合2位となったリカルド・リッコ(イタリア)が出場を決めた。ジロで落車しリタイヤしたレオナルド・ピエポリ(イタリア)もアシストとして出場。しかし近年のエースだったホセアンヘル・ゴメスマルチャンテは出場しない。チームから発表された他の出場メンバーはファンホセ・コーボ(スペイン)、ヘスス・デルネロ(スペイン)、アルベルト・フェルナンデス(スペイン)、ダビ・デラフエンテ(スペイン)、アンヘル・ゴメスゴメス(スペイン)、ホセ・フフレ(スペイン)。
(2008/6/25 21:19)

チームCSC・サクソバンクがツールのメンバーを発表

チームCSC・サクソバンクがツール・ド・フランスのメンバーを発表した。総合成績を狙うのはカルロス・サストレ(スペイン)で、揃って出場するシュレク兄弟(ルクセンブルク)も総合を狙える選手として控える。他にはファビアン・カンチェラーラ(スイス)、ニキ・セレンセン(デンマーク)、イェンス・フォイクト(ドイツ)、スチュアート・オグレディ(オーストラリア)、クルトアスル・アルヴェセン(ノルウェー)、ヴォロディミール・グストフ(ウクライナ)ら強力なアシスト体制が敷かれる。
(2008/6/24 12:47)

ピノッティが3度目のイタリアTTチャンピオンに輝く

008年6月22日に行なわれたイタリア選手権タイムトライアルでマルコ・ピノッティ(イタリア、チームハイロード)が2005年と2007年に続く3度目の優勝に輝いた。これによりピノッティは1年間ナショナルチャンピオンを着てタイムトライアルを走ることになる。いよいよナショナル選手権シーズンが到来した。
(2008/6/24 12:46)

エウスカルテルがツール・ド・フランスのメンバーを発表

7月5日に開幕するツール・ド・フランスに向け、スペイン・バスクのエウスカルテルがメンバーを発表した。総合を狙うのはアイマル・スベルディアとサムエル・サンチェスの2名。アシストとしてミケル・アスタルロサ、ルーベン・ペレス、ゴルカ・ベルドゥーゴ、イニャキ・イサーシ、エゴイ・マルチネスデエステバン、アメツ・チュルカ、フアンホセ・オロス(全員スペイン)が揃う。
(2008/6/24 12:45)

速報 Jツアー第4戦西日本ロード広島 20歳の福田真平がスプリントを制する

6月22日、広島県中央森林公園でJツアー第4戦西日本ロードレースがあり、福田真平(チームブリヂストン・アンカー)が優勝した。レースは序盤にできた十数人の逃げグループが人数を減らしながら結局ゴールまでもつれこんだ。Jツアーリーダージャージに変動はない。なお、詳しくは追ってCTニュースでお伝えします。

結果
1位 福田真平(チームブリヂストン・アンカー)    2h51'12"
2位 真鍋和幸(チームニッポ・エンデカ)         +01"
3位 永良大誠(グランデパール播磨)           +01"
4位 佐野淳哉(チームニッポ・エンデカ)         +01"
5位 廣瀬佳正(スキル・シマノ)             +03"
6位 西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)        +11"
(2008/6/22 16:14)

速報!ツール・ド・コリア―ジャパン2008第1ステージ 鈴木真理が優勝!総合1位も獲得

6月22日(日)、ツール・ド・コリア―ジャパン2008第1ステージで、鈴木真理(スキル-シマノ、日本)がゴールスプリントを制し優勝。総合成績でも1位を獲得した。2位 エリック・ホフマン(ジャイアント アジア レーシングチーム、ナミビア)、3位 ゴン ヒョーソッ(ソウルサイクリング、韓国)。詳しくは追ってCT Newsでお伝えします。

結果
1位 鈴木 真理(スキル-シマノ、日本)       4h21'55"
2位 エリック ホフマン(ジャイアント アジア レーシングチーム、ナミビア)+3"
3位 ゴン ヒョーソッ(ソウルサイクリング、韓国)    +3"
(2008/6/22 13:49)

ヴィノクロフが北京五輪に出場する?

ツール・ド・フランス2007でドーピングにより失格処分となったアレクサンドル・ヴィノクロフ(カザフスタン)の北京五輪出場が噂されている。ヴィノクロフがカザフスタン自転車競技連盟から受けた処分は2年間でなく1年間の出場停止。理論上は7月で処分明けとなるのでヴィノの五輪出場は可能だ。当時軽すぎるという批判が上がったが、ヴィノ自身が引退を表明したためUCI(国際自転車競技連盟)はCAS(スポーツ仲裁裁判所)に提訴していなかった。しかしヴィノクロフは5月31日のレース"ローレンティン・キヴィレフ"(フランス)に出場し優勝し、トレーニングを再開しているという。このためUCIは出場を阻止するべく準備に入っている。カザフ自転車競技連盟はこの件に関して秘密があるようだ。ヴィノは車連の幹部だという説もある。
(2008/6/21 17:46)

速報 ツール・ド・コリア―ジャパン2008プロローグ シュミーグが優勝、盛が3位に入る!

6月21日(土)、ツール・ド・コリア―ジャパン2008プロローグが、熊本県山鹿市で悪天候の中、1.8kmのコースで行なわれ、クリストファー・シュミーグ(ドイツ、チームISTA)が、2位のラルフ・マツカ(ドイツ、チームISTA)に僅か0.012秒の差で優勝した。日本人最高位は、盛一大(愛三工業レーシングチーム)の3位。詳しくは追ってCT Newsでお伝えします。

結果
1位 クリストファー・シュミーグ(チームISTA、ドイツ) 2分28秒108
2位 ラルフ・マツカ(チームISTA、ドイツ)       2分28秒120
3位 盛 一大(愛三工業レーシングチーム、日本)    2分28秒691
(2008/6/21 15:17)

沖美穂がジロ・デル・トレンティーノでステージ2位

6月20日、3日間のステージレース、ジロ・デル・トレンティーノ(イタリア、UCI2.1)第1ステージで沖美穂(メニキーニ・セッレイタリア)がステージ2位に入った。優勝はレジーナ・シュライハー(ドイツ、ニュルンベルガー)。タイム差無しの沖は第2ステージでポイント賞ジャージ「マリアブル」を着てスタートする。
(2008/6/21 12:46)

ヴァンデンブロックがサイレンス・ロットと2年契約更新

ジロ・デ・イタリア2008で個人総合7位、新人賞2位と大健闘したユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー)が、現在所属するチームのサイレンス・ロットと2年間の契約を更新した。これにより現在25歳のヴァンデンブロックは2010年まで同チームで走ることになった。
(2008/6/18 20:57)

コンタドールが北京オリンピックに出場

ツール・ド・フランス2007&ジロ・デ・イタリア2008覇者のアルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)が北京オリンピックのロードレースと個人タイムトライアルへの出場を決めた。コンタドールはスペインのTV番組で「ロードレースとTTに出場する。TTは僕向きだが、ロードレースはとても難しいコースだから誰にでもチャンスがあると思う」と語った。
(2008/6/18 20:56)

チームハイロードに新スポンサー"チームコロンビア"に

2008ツール・ド・フランスからチームハイロードの新スポンサーにアウトドアウェアメーカー大手のコロンビア・スポーツウェア・カンパニーがつくことになった。スポンサー契約は3年間で2010年シーズンまで。これによりチームは「チームコロンビア」と名前を変え、ツール・ド・フランスで新ウェアを披露する。
(2008/6/17 0:26)

速報、Jツアー第3戦富士山ヒルクライム 狩野が42分31秒でヒルクライム2週連続優勝

6月15日、Jツアー第3戦富士山ヒルクライムロードレースが、静岡県小山町ふじあざみラインで行われ、狩野智也(シマノレーシング)が優勝。狩野は先週のつがいけに続いてヒルクライム2連戦を制した。2位は先週と同じく長沼が入った。

結果
1位 狩野智也(シマノレーシング)       42'31"
2位 長沼隆行(チームブリヂストン・アンカー) +00'52"
3位 野寺秀徳(シマノレーシング)       +01'58"
4位 佐野淳哉(NIPPO-ENDEKA)       +02'22"
5位 鵜沢祐也(セオレーシング)        +02'38"
6位 真鍋和幸(NIPPO-ENDEKA)       +2'43"
Jツアーリーダー 狩野智也(シマノレーシング)
(2008/6/15 15:40)

NHK BS-1 ツアー・オブ・ジャパン放送予定

NHK BS1で14日(土)の深夜にツアー・オブ・ジャパンのダイジェスト番組が放映される。番組内容は2部に分かれ、パート1が第4ステージの南信州を中心に、第1ステージ堺、第2ステージ奈良、第3ステージ美濃までをダイジェストで、パート2が第7ステージの東京を中心に、第5ステージ富士山、第6ステージ伊豆をダイジェストで放送される。

番組名 2008自転車ツアー・オブ・ジャパン(パート1 50分、パート2 50分)
放送日時 2008年6月15日(日)午前1:10〜2:00(パート1)、午前2:10〜3:00(パート2)※14日(土)の深夜になります。
再放送(6月25日(水) 午後7:10〜8:00(パート1)、午後8:10〜9:00(パート2))NHK BS1
(2008/6/14 15:08)

速報!オリンピック代表選手発表 ロードは宮澤、別府、沖、MTB女子は片山

6月13日、財団法人日本自転車競技連盟より、ロードとMTBの北京オリンピック日本代表選手が発表になった。代表選手は以下のとおり。

ロードレース男子(2名)
 宮澤崇史(梅丹本舗・GDR・エキップアサダ)
 別府史之(スキル・シマノ)

ロードレース女子(1名)
 沖美穂(ワナビーズ・ナカマ)

マウンテンバイク女子(1名)
 片山梨絵(スペシャライズド)

詳しくは、追ってCTニュースでお知らせします。
(2008/6/13 15:47)

チームCSC・サクソバンクのニュージャージがお披露目

来季からメインスポンサーになることが決定したサクソバンクの出資によって、2008年の残りシーズンを「チームCSC・サクソバンク」として闘うことになったリースサイクリング。そのニューデザインのジャージが発表された。CSC社のロゴも変更されている。チームウェブサイト内の写真はこちら
(2008/6/12 10:24)

ベルギーの英雄ボーネンからコカイン反応が検出される

ベルギーのHet Laatste Nieuwsが伝えたところによると、ツアー・オブ・ベルギーの開催前の5月25日に行なわれたレース外ドーピング検査でトム・ボーネン(ベルギー、クイックステップ)の検体からコカイン反応が検出された。UCI(国際自転車競技連盟)やボーネン本人、クイックステップチームはまだ声明を出していない。詳しくはCT Newsでお伝えします。
(2008/6/10 20:49)

日本が獲得した北京オリンピックの女子ロード出場枠は1人

JCF(日本自転車競技連盟)が伝えたところによると、UCI(国際自転車競技連盟)は6月5日、JOC日本オリンピック委員会に「北京五輪の女子ロードレース出場枠で日本は1枠獲得」と通達した。3つある代表選手選考基準ではいずれも沖美穂がトップであり、沖の3大会連続出場の可能性が極めて高い。
(2008/6/10 14:12)

速報!Jツアー第2戦つがいけTTはシマノ狩野が制する

6月8日(日)、長野県小谷村で行われた実業団Jツアー第2戦つがいけTTは、1本目2位、2本目2位の狩野智也(シマノレーシング)が2本の合計タイムで優勝した。ちなみに1本目1位は長沼隆行(チームブリヂストン・アンカー)、2本目1位は土井雪広(シマノレーシング)だった。

結果
1位 狩野智也(シマノレーシング)
2位 長沼隆行(チームブリヂストン・アンカー)
3位 鎌田圭介(パールイズミ・スミタラバネロ)
4位 真鍋和幸(NIPPO-ENDEKA)
5位 秋山尚徳(masahikomifune.com CyclingTeam)
6位 野寺秀徳(シマノレーシング)

Jツアーリーダー 
長沼隆行(チームブリヂストン・アンカー)
(2008/6/8 19:38)

速報!全日本選手権タイムトライアル、男子エリートは岡崎が連覇、U23は嶌田、女子は萩原

6月8日、秋田県大潟村ソーラースポーツラインで全日本選手権タイムトライアルが行われ、男子エリートは岡崎和也(梅丹本舗・GDR)が連覇達成、女子は萩原麻由子(鹿屋体育大学)がコースレコードで優勝、U23は嶌田義明(チーム・ブリヂストンアンカー)がエリートを上回るタイムで優勝した。写真はこちら。詳しくはCT Newsでお伝えします。
(2008/6/8 14:07)

「キラー」ディルーカがLPRブレーキと2011年まで契約延長

イタリア・ガゼッタ紙が伝えたところによると、ジロ・デ・イタリアを闘い終えたばかりのダニーロ・ディルーカ(イタリア)がLPRブレーキとの契約を2011年まで延長した。契約前にはリクイガスとも接触したが、バッソ加入とペッリツォッティの活躍により以前のポストが無かったと報じられている。
(2008/6/6 19:18)

ASOがブエルタの主催者Unipublicの株を49%取得

フランス・レキップ誌が伝えたところによると、ツールを主催するASOが、ブエルタの主催者であるUnipublicの株式49%を取得した。残りの51%はスペインテレビ局「Grupo Antena 3」が保持している。UnipublicとASOの結束は、UCIとグランツール主催者の対立において大きな意味を持つ。
(2008/6/6 19:15)

品行方正であれば2009年ツールにアスタナ出場可?

フランスのレキップ誌が伝えたところによると、「2008年シーズンにアスタナが好成績を残し、かつ”品行方正”であれば、2009年ツールに呼ばない事はない」とツール・ド・フランスのディレクター、クリスティアン・プリュドム氏が語った。ちなみに本記事によると、アスタナを2008年ツールに招待する事はやはり無い。
(2008/6/6 19:13)

速報!JシリーズXC第4戦富士見 エリート男子は小野寺、エリート女子は片山が優勝

6月1日、富士見パノラマリゾートで行われたジャパンシリーズXC第4戦富士見は、エリート男子は小野寺 健(スバルゲーリーフィッシャー)が制したほか、女子では片山梨絵(スペシャライズド)が優勝した。

エリート男子結果
1位 小野寺 健 スバルゲーリーフィッシャー
2位 竹谷 賢二 スペシャライズド
3位 千田 尚孝 KHSジャパン

エリート女子結果
1位 片山 梨絵 スペシャライズド
2位 矢沢みつみ シーナックスペシャライズド
3位 中込 由香里 シーナックスペシャライズド
(2008/6/1 20:23)

速報!全日本選手権女子エリートは沖美穂が11連覇達成!

2008年6月1日、広島県中央森林公園にて全日本選手権大会女子エリートが行なわれ、ラスト2周回で飛び出した沖美穂(JPCAワナビー)がゴールまで独走。後続を1分近く引き離してゴールに飛び込んだ。沖はこれで11連覇達成。2位は山島由香(サイクルベースあさひレーシング)、3位に萩原麻由子(鹿屋体育大学)が入った。ゴールシーンはこちら。詳しくはCT Newsでお伝えします。
(2008/6/1 11:16)