新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 ジロ・デ・イタリア第16ステージ:デュムランに悪夢!総合リーダーの座を守るも腹痛で雉撃ち、前代未聞のタイムロス!ステージを制したのはニーバリ、総合勢上位は一気に僅差に ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「糞のせいでリアルにくそっ!だよ。」「流石に漏らすという選択肢はなかったよ。」「糞出して軽くなった分下りでは速かっただろ。」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ選手コメント:「僕はここに野糞をしたことで歴史に名を残しに来たんじゃない。ミラノでマリア・ローザを着ていることで歴史に名を刻みたいんだよ。(笑)」〜デュムラン ジロ・デ・イタリア第17ステージ:逃げは乗らなきゃ当たらない!ローランが逃げ集団から飛び出してようやく勝利!総合勢は今日は一休み ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利!
CT News Headline

クラシック連戦クールネ〜ブリュッセル〜クールネは3月2日

ヘットフォルクの翌日、3月2日にベルギーにおいて第61回クールネ〜ブリュッセル〜クールネ(UCI1.1)が開催される。ヘットフォルクより一つ下のカテゴリーながら、連戦する選手が多いため、来る本格的なクラシックシーズンを見据える強豪たちが揃う。スタートリストはこちら。2007年大会の模様はこちら
(2008/2/29 23:37)

クラシック幕開けを告げるヘットフォルクが3月1日に開催

春のクラシックレース初戦と呼ばれるヘットフォルク(UCI1.HC)が3月1日に開催される。今年で開催63回を迎える伝統レースで、クイックステップやサイレンス・ロットなど強豪チームが数多く集う。別府史之(日本、スキル・シマノ)も出場予定だ。スタートリスト(pdf)はこちら。2007年大会の模様はこちら
(2008/2/29 23:28)

片山梨絵「Never END終わりなき挑戦」「ビビる大木のSPORTS☆STAR!!」出演

MTBライダーの片山梨絵(スペシャライズド)が3月1日(土曜日)放送のTV東京が製作するインタビュー番組「Never END 終わりなき挑戦」に出演し、日々の練習や北京への意気込みなどを語る。放送時間は22時54分〜23時まで。放送局はテレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TXN九州。詳しくはこちら
また3月3日(月)にはTBSラジオ「ビビる大木のSPORTS☆STAR!!」に生出演する。現在番組サイトでメッセージを募集中だ。
(2008/2/29 10:21)

沖美穂 ツアー・オブ・ニュージーランド第2ステージで3位

2月27日から5日間6ステージで行われている女子ツアー・オブ・ニュージーランド(UCI2.2)で、28日、第2ステージで沖美穂(メニキーニ・セッレイタリア)が3位となった。
日本ナショナルチームも参戦中だ。メンバーは真下正美、唐見実世子、山島由香、萩原麻由子、豊岡英子、和田見里美。公式サイトはこちら
(2008/2/28 21:30)

速報!CONIがディルーカに2年間の出場停止を要求

2007年ジロ・デ・イタリアのドーピング検査で、ホルモンの異常値が検出されたダニーロ・ディルーカ(イタリア、LPRブレーキ)に対し、CONI(イタリアオリンピック委員会)は2年間の出場停止を要求すると見られている。詳しくはCT Newsでお伝えします。イタリア・ガゼッタ紙の記事はこちら
(2008/2/28 9:39)

元ケスデパーニュのフェルトナーニに2年間の出場停止処分

2007年のツール・メディテラネアンでのドーピング検査で、高い値のテストステロンが検出されたマルコ・フェルトナーニ(イタリア)に対し、CONI(イタリアオリンピック委員会)は2年間の出場停止処分を言い渡した。フェルトナーニは現在31歳。イタリア・ガゼッタ紙の記事はこちら
(2008/2/27 15:42)

沖美穂 女子ワールドカップ第1戦は11位

2月24日、オーストラリアで開催された女子ワールドカップ第1戦ジーロングで沖美穂(メニキーニ・セッレイタリア)は11位だった。沖は次のようにコメントしている
「晴天でしたが、強風でした。15kmを8周、120kmのレースで、始めから良いペースでスタートしました。前日のミィーティングで私と、ロシェール2人でそれぞれスプリントをするように言われ、私はそれに備えました。スタートして直ぐに13人のエスケープが決まりましたが、チーム・ハイロードが追いかけ1周をかけて追いつき、その直後2人の逃げが決まり、私たちのチームは様子をみてましたが、これが残り2周で7分30秒開き、ハイロードが追うも追いつかず2人の逃げが決まり3着争いが約40人のスプリントになり、私も備えました。私は、残り2周で大きな穴にはまり、そこでパンクをしてしまいましたがスローパンク(少しずつ空気が抜けパンクしていく)だったので、そのままゴールに向かい、結果11位でした。結果は満足ではないけれど、ここ1年半の苦しさが、一気に抜けきれました。自分の今の状態がとても良い状態なのがレースで良くわかりました」。
(2008/2/27 12:34)

Jフェミニンのリーダージャージはピンクの「シスターローズ」

全日本実業団自転車競技連盟の主催する「サイクルロードレース・ジャパンツアー(Jツアー)2008」と、「サイクロードレース・女子ツアー(Jフェミニン)2008」のチャンピオン・ジャージのデザインが決定した。男子Jツアーは昨年同様ルビーレッドジャージ、女子(フェミニン)は女子選手が着て映えるピンクのシスターローズ・ジャージとなる。
(2008/2/24 18:23)

ルタ・デルソルでラストラス総合優勝 ペタッキ3勝を挙げる

ブエルタ・ア・アンダルシア(UCI2.1)通称「ルタ・デルソル(太陽の路)」でパブロ・ラストラス(スペイン、ケスデパーニュ)が総合優勝を飾った。またアレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、チームミルラム)が第3,4,5ステージを連続で制し3連勝を挙げた。
(2008/2/22 16:41)

沖美穂 ジーロングツアー第2ステージで4位

オーストラリアで開催中のジーロングツアー(UCI2.2)第2ステージで沖美穂(メニキーニ・セッレイタリア)がゴールスプリントで4位に。沖は午前中の第1ステージ個人タイムトライアル(8km)で35位、現在総合30位につけている。レースは2月22日の第3ステージまで。
(2008/2/22 8:45)

クネゴ「ジロかツール、どちらに出場するかは未決定」

ランプレのチームリーダーを務めるダミアーノ・クネゴ(イタリア)がインタビューに答え、ジロ・デ・イタリアかツール・ド・フランス、どちらに出場するかまだ決めかねていると語った。クネゴ「確実なのは、アムステル・ゴールドレース、フレーシュ・ワロンヌ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュを走ること。それからジロかツールかを決めるよ」。イタリア・ガゼッタ紙の記事はこちら
(2008/2/21 21:04)

スポンサーがアスタナチームの継続的なサポートを約束

ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスの出場権を失ったアスタナに対し、カザフスタン自転車連盟やアスタナ市、カザフスタンのスポンサー企業が継続的なチームサポートを約束した。ブリュイネール監督「彼らの無条件のサポートに感謝している。彼らはロードレースを取り巻く悪いニュースや論争に失望しているが、我々のチームに信頼を置いてくれている」
(2008/2/21 9:31)

ホセ・アセベドが今シーズン限りでの現役引退を発表

過去にオンセやディスカバリーチャンネルに所属し、現在は地元ポルトガルのベンフィカに籍を置くホセ・アセベド(ポルトガル)が今シーズン限りでの引退を発表した。ツール・ド・フランスでは山岳アシストとしてランス・アームストロング(アメリカ)の連覇を支え、2004年ツールでは自身も総合5位フィニッシュ。2001年のジロ・デ・イタリアでも総合5位、そして2003年のドイツツアーでステージ優勝。スペイン・マルカ紙の記事はこちら
(2008/2/21 8:12)

2010年ツールのグランデパール候補3都市が発表される

ツール・ド・フランスの主催者ASOは、2010年大会のスタート地点(グランデパール)の候補地を発表した。選ばれたのはいずれもフランス国外で、オランダ・ロッテルダム、オランダ・ユトレヒト、ドイツ・デュッセルドルフの3都市。フランス・レキップ紙の記事はこちら
(2008/2/20 16:47)

アスタナはティレーノとサンレモにも出場できない

ジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスの出場に赤信号が灯ったアスタナに災難が続く。ティレーノ〜アドリアティコとミラノ〜サンレモを主催するRCSスポルトは、同レースへのアスタナ招待を見送った。これによりアンドレアス・クレーデン(ドイツ)のティレーノ連覇は不可能に。スペイン・マルカ紙の記事はこちら
(2008/2/20 16:40)

メンショフ「ブエルタ連覇よりジロとツールを狙う」

ブエルタ・ア・エスパーニャ2007覇者デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)が「僕はツールに勝ちたい。そしてジロはそのコンディションニングに最適だ。だからブエルタには出場しない」とベルギーのメディアに対して語った。メンショフは2007ツールではチームメイトのラスムッセンのためにアシストに徹した。
(2008/2/20 16:02)

サイレンス・ロットがイタリアでバイク16台を盗まれる

イタリアでジロ・デッラ・プロヴィンチャ・ディ・グロッセート(UCI2.1)に出場していたサイレンス・ロットがバイク盗難の被害に遭った。盗まれたのは計16台のリドレーバイクと多数のスペアホイール。犯人はチームバスのガラスを割って侵入したらしい。この関係でヤロスラフ・ポポヴィッチ(ウクライナ)らは第2ステージに出場できず(ただしそのステージは選手が危険だと抗議してキャンセル)。ちなみにチームは保険に入っていた。
(2008/2/17 6:54)

ヴァレーゼ世界選手権のスケジュールとレース距離発表

イタリア・ヴァレーゼで行なわれる2008年の世界選手権ロードレースのスケジュールと、その距離が発表された。ロードレースは1周17.3kmの周回コースで行なわれる。主な上りは平均勾配6.5%・長さ1150mのモンテッロと、ゴール4km手前の平気勾配4.5%・長さ3130mのロンキ。

2008年世界選手権ロードレーススケジュール
9月23日(火)14時〜 U23タイムトライアル(33.5km)
9月24日(水)14時〜 エリート女子タイムトライアル(25.1km)
9月25日(木)13時〜 エリート男子タイムトライアル(43.7km)
9月26日(金)12時15分〜 U23ロードレース(10周回、173.5km)
9月27日(土)13時〜 エリート女子ロードレース(8周回、138.8km)
9月28日(日)10時30分〜 エリート男子ロードレース(15周回、260.2km)
(2008/2/16 11:50)

コンタドール「ツール出場のためのアスタナ離脱は無い」

アスタナのツール・ド・フランス除外により、その連覇に赤信号が灯ったアルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)。他チームでの出場は認めるというレースディレクター・プリュドム氏の発言を受け、「今はいろんな解決策を練っている。ツールに出場するために、アスタナを離れるのは有り得ない。プレゼンテーションで主催者側はチームの出場についてノープロブレムと言っていたのに・・・。」
(2008/2/16 11:40)

チームハイロードのジャージデザイン決まる

ブラック基調の仮ジャージでツアー・ダウンアンダー等を走ったチームハイロードの今季のジャージデザインが決まった。チームから発表されたイラストレーションはこちら
(2008/2/15 11:45)

2day race in 木祖村2008開催決定

実業団ランキング76位以下、学生個人ロード21位以下を対象としたステージレース2day race in 木祖村2008が5月24-25日に開催される。4-5名のチームで参加し、個人タイムトライアル8.5km、ロードレース81km、126kmという充実の内容のミニステージレースだ。詳しくはこちら
(2008/2/15 9:21)

プリュドム氏「別チームで走るならコンタドールは出場可」

ツール・ド・フランスを取り仕切るASO代表のクリスティアン・プリュドム氏は今回の「ツールのアスタナ除外」についてこう述べている。「ツールの除外はアルベルト・コンタドール(スペイン)個人に対してではなく、アスタナに対して行なったものだ。仮にコンタドールが他の(出場が内定している)チームで走ることがあれば、ツールへの出場は認められる」。スペイン・マルカ紙の記事はこちら
(2008/2/14 16:37)

マヨルカで側壁に激突したロハスは肩甲骨骨折で全治1か月

チャレンジ・マヨルカ第4戦トロフェオ・ソーイェルのゴール前で側壁に激突したホセホアキン・ロハス(スペイン、ケスデパーニュ)は肩甲骨骨折と右手に深い傷を負った。ギプスが取れるまで3〜4週間かかるとみられ、当初プログラムに入っていたミラノ〜サンレモ、バレンシア一周、パリ〜ニースを欠場することになりそうだ。スペイン・マルカ紙の記事はこちら
(2008/2/14 16:36)

速報!コンタドール率いるアスタナのツール出場が赤信号

ツール・ド・フランス主催者であるASOが3月9日に開幕するパリ〜ニースの出場20チームを発表し、同時に同社が2008年に主催するレースにアスタナを出場させないことを発表。つまり、2007年ツール・ド・フランス覇者のアルベルト・コンタドール(スペイン)率いるアスタナはツール・ド・フランスに出場できない。詳しくはCT Newsでお伝えします。
(2008/2/14 0:04)

UCIがプロツアーレースのワイルドカード15チームを発表

UCI(国際自転車競技連盟)が2008年プロツアーレースでワイルドカードの「獲得権」を持つプロコンチネンタルチームを発表した。レースには18のプロツアーチームに加え、レース主催者がこの中から選出するチームが出場する。15チームは以下の通り。
ELKハウス・シンプロン、フォルクスバンク、ランドバウクレジット、トップスポート・フラーンデレン、アンダルシア・カハスール、カルピン・ガリシア、アグリチュベル、バルロワールド、CSFグループ・ナヴィガーレ、アックア・エ・サポーネ、ティンコフ、スキル・シマノ、BMCレーシング、スリップストリーム、セッラメンティPVC。
(2008/2/12 13:54)

チュルカが鎖骨骨折でチャレンジ・マヨルカをリタイア

チャレンジ・マヨルカの第2戦「トロフェオ・カラ」の序盤に落車したアメツ・チュルカ(スペイン、エウスカルテル)が鎖骨骨折のためにリタイアを余儀なくされた。チュルカと言えば2007年のツール・ド・フランスで敢闘賞を獲得した選手。チームウェブサイトの記事はこちら
(2008/2/12 13:52)

スペイン初戦、マヨルカ・チャレンジが2月10日に開幕

9つのプロツアーチームが出場するマヨルカ・チャレンジが2月10日に開幕する。全5ステージの総合成績で争われるが、ワンデーレースが5つ開催されると考えて間違いない。スペインでもいよいよ2008年シーズンがスタートする。レースの模様はCT Newsで連日お伝えします。出場するチームリスト(pdf)はこちら
(2008/2/10 13:35)

UCI自転車トラックワールドカップ第3戦ロサンゼルス大会 放送予定

放送日:2008年2月11日(月、建国記念日)18:10〜19:00
NHK衛星第1チャンネル(NHK BS1ch)
解説:中野浩一、実況:伊津野亮
内容:男子チーム・スプリント、男子ケイリン、男子スプリント、男子ポイントレース、女子ケイリンほか
詳しくはNHKホームページで確認を。

(2008/2/8 11:03)

ディルーカがトロフェオ・ライグエリアでレースに復帰する

2月23日に開催される第45回トロフェオ・ライグエリア(UCI1.1)でダニーロ・ディルーカ(イタリア、LPRブレーキ)がレースに復帰する。このレースでシーズンインする選手も多く、レースにはディフェンディングチャンピオンのミハイル・イグナチエフ(ロシア)擁するティンコフ、リクイガス、ランプレ、ラボバンク、チームCSC、チームハイロード、スリップストリームの他、ニッポ・エンデカも出場する。
(2008/2/7 8:15)

チームハイロードの登録地がドイツからアメリカに変更

チームハイロード(元Tモバイル)の登録地がドイツからアメリカに変更され、UCI(国際自転車競技連盟)の承認を受けたとチームウェブサイトが伝えた。ヨーロッパの拠点はドイツに残す。メンズチームとウィメンズチーム合わせて計16カ国の選手が所属する多国籍なチームだ。
(2008/2/6 10:14)

3月12日開幕ティレーノ〜アドリアティコのステージリスト

RCSスポルトが主催する第43回ティレーノ〜アドリアティコのステージリストが発表された。26kmの個人TTを含む全長1123kmのコース。プロツアーではなくUCIヨーロッパツアーに組み込まれる。
3月12日 第1ステージ チヴィタヴェッキア〜チヴィタヴェッキア 160km
3月13日 第2ステージ チヴィタヴェッキア〜グッビオ 203km
3月14日 第3ステージ グッビオ〜モンテルポーネ 195km
3月15日 第4ステージ ポルトレカナーティ〜チヴィタノーヴァマルケ 167km
3月16日 第5ステージ マチェラータ〜レカナーティ(個人TT) 26km
3月17日 第6ステージ チヴィタノーヴァマルケ〜カステルフィダルド 196km
3月18日 第7ステージ サンベネデット・デル・トレント(周回コース) 176km
(2008/2/6 9:44)

ルコックスポルティフが梅丹本舗GDRエキップアサダをアフターウェアでサポート

ルコックスポルティフが2008年シーズンより、梅丹本舗GDRエキップアサダをレース以外のアフターウェアについてサプライすることに決定した。ルコックスポルティフは1951年のツール・ド・フランスへのサプライ以来、長い歴史の中でサイクリングと深い関わりを持っており、今日でもクイックステップやチームミルラムといったプロチームをサポートし続けている老舗のスポーツウエアメーカーである。そのルコックスポルティフがこの度、浅田監督率いる梅丹本舗GDRエキップアサダをサポートし、一緒に夢を追いかけることとなった。詳しくはCT Newsでお伝えします。
(2008/2/6 0:10)

世界王者バスティアネッリの目標は北京五輪と世界選連覇

2007年10月にシュトゥットガルトで行なわれたロード世界選手権エリート女子で優勝を飾ったマルタ・バスティアネッリ(イタリア)がインタビューに応え、北京オリンピックロードレースと世界選手権の2連覇を目指すことを明らかにした。既に北京のコース試走を終えているバスティアネッリは、コースは自身の脚質に適していると述べている。イタリア・ガゼッタ紙の記事はこちら
(2008/2/5 18:20)

ディルーカ「目標はジロ連覇。バッソと一緒に走りたい」

2007年ジロ・デ・イタリア総合優勝者で、今季チームLPRでリーダーを務めるダニーロ・ディルーカ(イタリア)のインタビュー。「ジロの連覇が目標だ。チームが出場権を得ることは確信していた。まずはリエージュ〜バストーニュ〜リエージュの勝利を目指す。バッソは子どもの頃から知っていて仲も良いんだけど、まだ同じチームで走ったことは無い。いずれ同じチームで走ってみたいと思う」イタリア・ガゼッタ紙のインタビューはこちら
(2008/2/5 11:11)

ジロの出場権を逃したアスタナのブリュネール監督の見解

アスタナのヨハン・ブリュイネール監督が、チームがジロ・デ・イタリア出場権を逃した件について自身のホームページで語った。「ジロ主催者は出場チームを選ぶ権利がある。そのことは残念に思う。異議を唱えても受け入れられないだろう。この数週間のうちに、他のビッグレースの出場権に関して確かめてみるよ。幸いスポンサーたちは無条件のサポートを約束してくれており、クリーンな環境での新たなチーム作りに努める」
(2008/2/5 11:10)

小、中学生が楽しくサイクルスポーツに取り組めるための交流会


カテゴリーユースやキッズに参加している子ども(選手)たちの、保護者やチーム関係者、また子ども達の指導などに関心のある方々が参加する交流会&勉強会が3月2日、京都で開催される。「レースのカテゴリー分けはこれで良いの?」、「日頃の練習は?」など、日頃感じる疑問などについて意見交換、情報交換を行い、課題の抽出や取り組み方についての検討が行なわれる予定だ。

内容
(1)日 時  2008年3月2日 日曜日 午前9時30分から正午まで
(2)場 所  キャンパスプラザ京都(JR京都駅ビル西側) 第3演習室
(3)講 演  「子どものスポーツへの関わり方(仮題)について」
        立命館大学体育会自転車競技部 部長 佐藤善治氏(経済学部教授 体育学)
(4)意見交換  連盟関係者の進行によるテーマごとの意見交換を行います。
         佐藤教授には引き続きアドバイザーとして参加頂きます。 
         テーマは、「トレーニングについて」、「レースにおけるカテゴリー分けについて」、「機材について」、「一貫した指導体制について」等を予定

参加申し込み・お問い合わせ
(1)対 象  保護者、クラブチーム関係者、学校関係者、自転車競技連盟関係者、その他子どもの指導に関心を持つ方など  参加費無料
(2)連絡先  当日参加も可能ですので積極的にご参加ください。
        京都府自転車競技連盟 矢野 淳  yano@kyoto-cf.com

(2008/2/4 15:20)

モンテ・パスキ・エロイカの開催日が3月8日に変更される

イタリア・トスカーナ州のシエナ郊外を舞台にして行なわれるモンテ・パスキ・エロイカ(UCI1.1)。初開催となった2007年は世界選手後の10月9日に行なわれたが、2008年の第2回大会は春先の3月8日に開催する運びとなった。3月12日に開幕するティレノ〜アドリアティコの準備レースとして出場する選手が増えると見られる。レースの公式HPはこちら
(2008/2/2 13:44)

まさたかくん支援のお願い

千葉県・タキサイクル様のお客様ご子息「まさたか」君(8歳)は2007年8月、突然に拡張型心筋症の重い心臓病にかかり、現在都内の大学病院にて闘病生活を送っております。医師から「生きる為には心臓移植しかない」という重い告知を受けました。まさたかくんの命と夢をつなげるために、どうか皆様のご理解と温かいご支援をよろしくお願いいたします。募金の詳しい情報はこちら(「まさたかくんを救う会」HP)
(2008/2/1 15:46)

リッコがスピード違反(時速200km)で免許取り上げ

イタリア・ガゼッタ紙が伝えたところによると、スピード違反によりリカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)が運転免許証を失った。リッコは愛車のポルシェ・カイエンでアドリア海沿いのポルト・サンジョルジョを約200km/hで走っていたという。ガゼッタ紙の記事はこちら
(2008/2/1 12:17)